インターンシップの探し方とは?おすすめのサイトや方法を解説

インターンシップ 探し方 就活ノウハウ

 

大学生のなかには、就活に向けてインターンシップの参加を予定している方もいるでしょう。

ただ、初めての経験でどうやってインターンシップ先を探せばいいのか分からない方もいるはず。

 

探し方が分からず行動できないうちに、インターンシップが締め切られる可能性もあります。

せっかく参加を希望しているインターンシップを逃すのは残念ですよね。

 

そこでこの記事では、基礎知識としてインターンシップの種類を解説したうえで、インターンシップ先の探し方やおすすめのサイトをご紹介します。

インターンシップ探しの方法が分かります。

【基礎知識】インターンシップの種類とは?

インターンシップ 探し方

 

インターンシップの探し方を説明する前に、まずはインターンシップの種類を確認しておきましょう。

 

インターンシップには主に「短期インターンシップ」と「長期インターンシップ」があり、それぞれ想定される目的や期間が異なります。

 

それでは、短期インターンシップと長期インターンシップについて見ていきましょう。

 

短期インターンシップ

 

短期インターンシップは、1日~数週間単位で実施されるインターンシップのことで、企業研究や職場の雰囲気を知ることができます。

 

1日のインターンシップは「1dayインターン」と呼ぶこともありますね。

 

短期インターンシップの場合、期間が短いので企業について詳しく知ったり業務を多く体験したりすることが難しいです。

 

一方で、短い期間で参加できるので、たくさんの企業を見てみたい方にはおすすめできます。

私も企業を知る目的に1dayインターンに3回ほど参加したことがありました!

 

深く企業について知ることはできませんが、実際に働いている社員の方のお話も聞けたので就活の参考にはなりましたね。

 

ただ、企業説明会などで聞ける話も多かったので、本格的に業務を経験したいなら長期インターンシップを検討すると良いでしょう!

 

長期インターンシップ

 

長期インターンシップは企業によって日数が異なりますが、一般的に1ヶ月~1年程度の長期間に渡るインターンシップをいいます。

 

長期インターンシップになると短期とは異なり、一般社員と一緒に業務を行うことも多くその企業で働く体験ができる点が魅力です。

 

企業によって実際に任せられる仕事内容は異なりますが、インターンシップ生同士でプロジェクトを担当し最後に成果報告を行う形式もあれば、社員と同じ仕事をサポートを受けながら行う場合もあります。

 

長期インターンシップに参加する場合、大学生活と両立するためにシフト制で働くことが多いので、その期間はアルバイトなどはできないと考えた方が良いでしょう。

 

長期インターンシップは社会人経験を積めるだけではなく、企業の働き方や雰囲気も理解することができます。

また、なかには給料が出るインターンシップもあるので、ぜひ探してみてくださいね!

 

インターンシップの探し方

インターンシップ 探し方

 

長期インターンシップに興味がある人は多いと思いますが、実際にどうやってインターンシップ先を探せばいいか分からない人もいるでしょう。

 

実際、私も大学生時代にインターンシップの探し方に悩んでいた時期がありました。

そこでここからは、インターンシップの探し方を4つ解説します。

 

大学キャリアセンターで探す

 

長期インターンシップは大学のキャリアセンターで探すことができます。

 

大学にはキャリアセンターが設置されており、大学と提携している企業を対象としたインターンシップ情報や外部インターンシップ情報などを収集可能です。

 

私も大学提携の長期インターンシップに参加しましたが、単位も取れるし企業と提携している企業ということもあり安心して参加できました。

 

事前学習やインターンシップに向けた準備が少し大変でしたが、しっかり準備したことで有意義なインターンシップとなった記憶があります。

 

インターンシップ情報はもちろん、就活について知りたいことがある人はぜひ、大学のキャリアセンターを利用してみてくださいね。

 

企業ホームページから探す

 

長期インターンシップは企業ホームページから探すことができます。

 

この方法はすでに興味がある企業が決まっている人におすすめで、ネット検索で「企業名 インターンシップ」と検索し、ホームページ上に情報が掲載されていないかチェックすると良いでしょう。

 

インターンシップ情報サイトに掲載されていない企業でも、企業が運営するSNSやホームページ上で情報発信している場合もあるので、定期的にチェックしてみてください。

 

なかには、直接連絡してインターンシップに参加したい旨を直訴することでインターンシップに参加できた人もいるようです。

 

合同説明会で探す

 

長期インターンシップは合同説明会で探すことが可能です。

 

合同説明会といっても大学3・4年生を対象とした就活本格期の説明会ではななく、インターンシップを探す大学生を対象としたインターンシップ説明会のことです。

 

大手就活サイトを中心に大学2・3年生を対象にインターンシップ説明会を開催しており、こうしたイベントに参加することでインターンシップ先の企業を見つけることができます。

 

特に都市部だと頻繁に開催されているので、都市部で働きたい人や都市部の大学に通う人は参加を検討してみてくださいね!

 

就活・求人サイトから探す

 

長期インターンシップは就活・求人サイトで探すことができます。

 

後で詳しく解説していますが、大学生を対象としたインターンシップを掲載している求人サイトがあるので、無料登録をして検索すれば自分の条件に合う企業のインターンシップを探せます。

 

複数サイトを併用して利用することで、より自分に合う企業を見つけやすいので、探すときには複数サイトを見てみてくださいね!

 

インターンシップが探せるおすすめサイト5選!

インターンシップ 探し方

 

インターンシップを手早く探すにはWebサイトを利用するのがおすすめです。

ここからは、インターンシップを探せるおすすめサイトを5つ解説します。

 

就活サイトでおなじみ【マイナビ】

引用元:マイナビ2022

 

おすすめサイト1つ目は「マイナビ」です。

 

マイナビといえば就活生なら登録している人も多いサイトの1つですが、実はインターンシップを探すこともできます。

 

マイナビは大手サイトだけあってインターンシップ数も豊富なので、登録しておいて損はないサイトですね。

マイナビの無料登録はこちら

大手就活サイト【リクナビ】

リクナビ

引用元:リクナビ

 

おすすめサイト2つ目は「リクナビ」です。

 

リクナビも先ほど解説したマイナビ同様大手就活サイトなので、就活生であれば登録している人が多いですが、インターンシップを検索する際にも便利です。

 

インターンシップ内容もかなり細かく検索できるので、自分が参加しやすいものを選べます。

リクナビの無料登録はこちら

ベンチャー企業を探すのに便利【Wantedly】

wantedly

引用元:Wantedly

 

おすすめサイト3つ目は「Wantedly(ウォンテッドリー)」です。

Wantedlyはビジネスの情報収集や仕事につながる情報をやり取りする”ビジネスSNS”です。

 

Wantedlyはフリーランスやベンチャー企業で働く社会人が多く利用していますが、大学生向けのインターンシップを募集している企業もあります。

 

Wantedlyは基本無料で利用でき、プロフィールや自己紹介などを登録することで企業にアピールすることも可能です。

 

必ずインターンシップ先を見つけられるわけではありませんが、Wantedlyのなかには大手サイトでは登録されていないようなベンチャー企業と出会える可能性があります。

 

将来的にベンチャー企業で働いてみたい大学生は、登録してインターンシップを探してみると良いでしょう!

Wantedlyの無料登録はこちら

逆求人型の就活サイト【Offer Box】

OfferBox

引用元:OfferBox

 

おすすめサイト4つ目は「OfferBox(オファーボックス)」です。

 

OfferBoxは逆オファー型の就活サイトで、プロフィールを登録しておくだけで企業側からアピールしてもらえます。

 

プロフィール登録率が高いほどオファー率が高い傾向にあり、しっかり記載することで少なくても1社と出会うことはできるでしょう。

 

私も就活生時代に利用しましたが、ベンチャー企業や大手サイトで見かけなかった企業に出会うことができました。

 

就活だけでなくインターンシップにも対応しているので、インターンシップを探している人も登録しておくと良いでしょう!

OfferBoxの無料登録はこちら

長期・有給インターンが探せる【ユアターン】

ユアターン

引用元:ユアターン

 

おすすめサイト5つ目は「ユアターン」です。

 

ユアターンは今回ご紹介したサイトのなかで唯一のインターンシップ専門サイトで、長期インターンシップを探すときに役立ちます。

 

短期インターンシップを扱うサイトは多いですが、長期インターンの探し方が分からない就活生も実は多いです。

 

ユアターンなら長期インターンを条件別に検索できるので、自分に合ったインターンシップ先を見つけることができます。

 

また、サイト内では適職診断も受けられるので、企業選びに迷っている人にもおすすめですね!

ユアターンの無料登録はこちら

インターンシップの探し方【まとめ】

インターンシップ 探し方

 

インターンシップは合同説明会やキャリアセンター、就活・インターンシップサイトなどで探せるので複数を組み合わせて探すのがおすすめです。

 

就活やインターンシップ関係のサービスは無料であることが多いので、ぜひ積極的に活用してみてくださいね!

 

【徹底比較】就活サイトランキング5選!【簡単登録&無料】
大学生の一大イベントに「就活」があります。就活は採用活動の開始時期が変更されるなど、近年では活動内容に変化が生まれています。大学生はそんな就活の変化に対応しなければいけません。そこで今回は、今後の就活に役立つサイトをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

✓高知県出身Webライター
✓Webライター歴2年
✓文系4年制大学卒

〇卒論ノウハウ
〇就活ノウハウ
〇プログラミング他スキルアップ記事

を中心にブログ投稿をしています。
ライティング依頼・レビュー依頼のご相談はお問合せフォームまで。