就活がつらいときの対処法を理由別に解説!対処法やリフレッシュ方法も紹介

就活 つらい 就活
この記事の内容
  • 就活がつらいと感じる理由
  • 就活がつらいときの対処法
  • 就活中にリフレッシュ方法
  • 就活のゴール=早く内定をもらうことではない

大学生にとって大切なイベントの1つに就活があります。

就活は慣れない活動が多くつらいと感じる人も多いです。

 

この記事では、就活をつらいと感じる理由を解説したうえで、どうすれば解決できるのか対処法をご紹介します。

 

就活をつらいと感じるのはあなただけじゃないです。

少しでもつらさを和らげるために、この記事を参考にしてもらえると幸いです!

 

就活はストレスの原因にもなるイベントです。

 

できるだけ対策をしてストレスなく就活ができると良いですね!

 

就活がつらいと感じる理由

就活 つらい

 

就活がつらい状態を変えるためには、まずつらい理由を理解する必要があります。

ここからは、就活がつらいと感じる理由を6つ解説します。

 

  • やりたいことが分からない
  • 内定がもらえない
  • 周りと比べて落ち込んでしまう
  • ハードスケジュールがつらい
  • 就活の正解が分からない
  • 面接が苦痛

 

やりたいことが分からない

 

大学生のなかには、やりたいことが分からず悩んでいる人も多いです。

 

「いきなり将来の仕事を決めてください。」

といわれてもなかなか思いつかないですよね。

 

実際、日本だと大学生になって初めて企業や業界について調べる人も少なくありません。

 

最初からやりたい仕事や興味がある業界がある人はいいです。

ただ、なんとなくやりたいことがない場合は就活が進むとつらくなります。

 

何をしたいのか悩んだときは、できることから仕事を探してみるのもおすすめです。

また、とりあえずたくさんの仕事を調べてみて比較するのもアリですね!

 

多くの仕事をチェックしてみてくださいね。

 

内定がもらえない

 

就活生の最大の悩み。それは内定がもらえないことです。

 

内定がすんなり出る人もいれば、なかなかうまくいかず失敗を続けてしまう人もいます。

 

内定は就活の準備をしっかりしていればもらいやすくなるとは思います。

ただ、個人的には”運”の要素も大きいです。

 

例えば、しっかり準備して挑んだ人でも、企業との相性や面接官との相性で落ちてしまう人も。

 

就活生はダメだった理由を正確に知ることができないので、正直反省するにも限度があります。

 

内定がもらえないことに悩むのは当たり前です。

ただ、悩みすぎると精神的につらくなるので、真面目な人は特に注意してくださいね!

 

周りと比べて落ち込んでしまう

 

就活中、友だちなど周りと比べて落ち込んでしまうとつらく感じてしまいます。

大学での友だちは普段は頼りになりますよね。

 

ただ、就活が進むと内定が出た人とそうでない人が出てきます。

そうなると比較して落ち込みがちです。

 

それ以外にも、就活中にはたくさんの就活生を目にします。

他の大勢の就活生を見ていると自分より高学歴、好成績な人もいるでしょう。

 

赤の他人ではありますが、ライバルたちを見ていると自然と自分と比較しがちです。

そうなると、自分との違いや差を気にしてつらくなることがあります。

 

私も周りを気にして落ち込むことがよくありました。

周りの人って優秀でキラキラしているように見えるんですよね。

 

ただ、経験上自分が気にしているほど周囲と差があることはほとんどありません。

大手企業などであれば別ですが、中小企業の選考であれば同じような境遇の学生が多いです。

 

就活になって周りをきにしすぎてもいいことはありません。

今までの行動に自身をもって、自分との闘いに集中するのが一番です!

 

就活ではあまり周りを気にしすぎない方が良いですよ。

 

ハードスケジュールでつらい

 

就活は意外にハードスケジュールです。

特に大学4年生の3月以降は大変な時期ですよね。

 

エントリーシート作成・面接・Webテストなど同時進行で就活が進みます。

また、複数企業エントリーするのが普通なので、さらに忙しくなる時期です。

 

さらに、採用が進むと1次面接・2次面接・最終面接など複数企業の選考が同時に行われるので、スケジュール管理をしっかりしないと回りません。

 

これに加えて大学の講義も入ってくるので、かなりハードスケジュールです。

就活は半年間以上かかるので、体力的・精神的につらくなる人も多いですね!

 

無理のない範囲でスケジュールを組んで活動するのが大事です。

 

就活の正解が分からない

 

地味につらいのが、就活の正解が分からないところです。

就活は1+1=2のように答えがあるわけではありません。

 

例えば、自分が完璧な対策ができていて、面接やWebテストで完璧だと思ったとします。

それでも必ず内定が出るわけではなく、不採用になることも多いです。

 

就活生は不採用の理由を聞くことができないので、実際の理由は分からないままになります。

 

就活対策などはネット上でも多く出回っています。

ただ、それをすべて対策としても内定が出るとは限らないのが就活のつらさです。

 

毎年多くの就活生が就活の正解が分からずもがき苦しんでいます。

 

面接が苦痛

 

就活では避けては通れないのが”面接”です。

ただ、面接がつらいと感じている就活生はたくさんいます。

 

面接はほとんどの就活生は体験がほとんどないので、どうしても緊張するし不安です。

加えて普段から人見知りで、人と会話をするのが苦手な人にとってはもっとつらいはず。

 

面接の場は独特の緊張感と雰囲気があるので、緊張しても仕方がないと思います。

面接のリハーサルをたくさんやる対策もありますが、それでもつらいと感じる人も多いです。

 

面接までにやっておくべき準備については「就活の面接を成功させるための準備とは?」で詳しく解説しているので、合わせてチェックしてみてください。

 

就活がつらいときの対処法

就活 つらい

 

就活がつらい状態で継続すると精神的に参ってしまいます。

精神的に弱ると普段の力を就活で出すことも難しいです。

 

ここからは、就活がつらいと感じるときの対処法をご紹介します。

この方法ですべてが解決するわけではないですが、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

1人で悩みすぎず相談する

 

就活がつらいと感じたら、1人で抱え込まず相談することが大事です。

 

1人では解決できない悩みでも、第三者に相談すれば解決することもあります。

 

特に就活がうまくいっていない現状を変えるには、他人の違う意見を聞くことが大事です。

友だち・大学の先生・先輩・キャリアセンターのサポーターなど、第三者に相談してみてください。

 

悩みがすぐに解決できなくても、悩みを相談することで気分が軽くなることも。

1人で溜め込むと良いことがないので、ぜひ相談することを忘れないでくださいね!

 

就活をいったん忘れて気分転換する

 

就活がつらいときは頭の中が就活でいっぱいになりますよね。

それだとつらいので、就活をいったん忘れて気分転換するのもおすすめです。

 

気分転換の方法は後でご紹介しますが、趣味や息抜きをすると良いですね。

例えばカフェでゆっくりしたり、自然のなかで散歩したり。

 

リフレッシュ方法は何でもいいので、自分が落ち着ける方法を見つけると良いです。

一度就活を忘れることができれば、すっきりしてモチベーションアップもできますよ!

 

モチベーションは就活でのパフォーマンスにも関わるので大事です。

 

自己分析をして自分を見つめ直す

 

就活がつらいときは、就活がうまくいかないときですよね。

そんなときは、自己分析をして自分を見つめ直すと良いです!

 

就活がうまくいかない原因に、自分の特性と企業・業界が合っていないケースがあります。

自己分析をあらためてすることで、自分の特性に合う業界を考えなおすことが可能です。

 

また、無理のない自己PRの作成にもつながります。

就活では自分を盛る人も多いですが、それだと本来の印象とのギャップが出てしまいます。

 

ギャップが原因でうまくいかないケースもあるので、等身大の自分で活躍できる企業を選ぶのも大事です。

 

いずれにしても自己分析は大切なので、ぜひつらいときこそ実施してみてくださいね!

 

自己分析は就活の基本です。

 

つらいなら忘れることも大事

 

就活がつらいときって失敗や反省点を気にしがち。

ただ、ずっと引きずるとつらいので、忘れることも大事です。

 

就活では失敗体験もたくさんしますが、ずっと引きずっていると自信がなくなりますよね。

そんなときは思い切って忘れましょう。

 

運動したり、カラオケで大声を出したりしてストレスを発散すれば、つらかった失敗体験も少し忘れることができるはず。

 

もちろん、完全に記憶を消すことはできません。

ただ、思いつめないようにするだけでも、気持ちが楽になりますよ!

 

つらいなら忘れるのも1つの手です。

 

就活中のリフレッシュ方法

就活 つらい

 

就活が辛いと感じるとき、気分をリフレッシュしてモチベーションを高めたいですよね。

ここからは、就活中のリフレッシュ方法をご紹介します。

 

音楽・自然の音を聴きながらリラックスする

 

リラックスする方法として、音楽や自然の音を聴くのもおすすめです。

 

好きな音楽を聴くと気持ちも盛り上がりますし、静かな音楽なら心を落ち着かせることができます。

 

また、最近だとYouTubeなどで自然の音を聴くこともできますよね。

 

雨の音や川のせせらぎなど、自然の音にはリラックス効果があるといわれることもあるので、自然が好きという人はおすすめです。

 

特に最近だとなかなか遠出できない状況なので、YouTubeで自然の音が聴けるのは良いですね。

 

下記で自然の音が聴けるおすすめのYouTubeチャンネルをご紹介しています。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

大声で歌う

 

大声で歌うだけでもストレス発散になります。

 

カラオケで歌うのも良いですし、お風呂などで歌えるなら歌うのもありですね。

(マンションだと近所迷惑になるので難しいですが…)

 

また、河原など自然が豊かで周りに誰もいないところであれば、思い切り声を出すこともできます。

大声を出すと自然とすっきりするので、ぜひ試してみてくださいね!

 

スポーツで汗を流す

 

スポーツで汗を流すのもリフレッシュにはおすすめです。

 

運動が好きな人であれば、ランニングやウォーキングなど簡単な運動でもリフレッシュできます。

適度に運動をすれば体調も整うので、悩んでモヤモヤしているときはぴったり。

 

それ以外にもフットサルとか登山とかいろいろなスポーツがありますよね。

趣味の時間を使って運動するのもおすすめです!

 

運動不足も解消できるし一石二鳥ですね。

 

大自然の中でぼーっとする

 

就活がつらいときは、大自然のなかでぼーっとするのもおすすめです。

 

就活がつらいときは、何をしていても就活が頭をよぎるもの。

そんなときは川や海、山などでぼーっとするだけでも心が落ち着く気分を味わうことができます。

 

人が少ない自然豊かな場所にいくと、普段は聞こえない鳥のさえずりや川のせせらぎなどが聞こえますよね。

 

自然の環境音は癒されますし、綺麗な風景も心のリフレッシュになるはずです。

個人差はもちろんありますが、自然が好きな人は試してみてはいかがでしょうか!

 

自然の中なら人に会うことも少ないのでおすすめです。

 

就活のゴール=早く内定をもらうことではない

就活 つらい

 

就活がつらい原因の多くは、就活がうまくいかないことへの不安です。

ただ、就活のゴール=早く内定をもらうことではありません。

 

早く内定がもらえれば不安は解消できると思います。

ただ、内定がもらえても入社後にストレスを抱えながら働くことになれば意味がないですよね。

 

逆に内定が遅れても、それがきっかけで本当に自分に合う企業に出会う可能性もあります。

就活がうまくいかないのは100%あなたの責任というわけではないです。

 

うまくいかないということは、その企業とあなたが合わないということ。

合わない企業に無理に就職するより、じっくり自分に合う企業を見つけた方がうまくいくことも多いです。

 

今就活がうまくいかなくてつらいと感じている人。

就活が失敗しても人生が終わるわけではなく、これからの選択肢はたくさんあります。

 

あまり焦らず、ライフプランや人生設計を考えながらじっくり就活に取り組んでみてくださいね!

 

焦らずじっくり自分に合う企業への入社を目指しましょう。

 

就活がつらいときの対処法【まとめ】

就活 つらい

 

今回は就活がつらいと感じる理由と、その対処法を解説しました。

就活は慣れない活動が多く、多くの人が不安を抱えています。

 

ただ、その不安やつらさは無駄ではありません。

 

就活を乗り切ったらわかることですが、その経験も活きてくるのでぜひ、前向きに取り組んでみてくださいね!

 

就活ロードマップを徹底解説!就活スケジュールや後悔しないためのポイントも紹介
この記事では就活のロードマップをご紹介し、就活が本格化する前にやるべき準備を解説します。ご紹介した手順を参考に、できるだけ早めに準備を開始するのがおすすめです。

>>就活のロードマップの解説記事はこちら!

スポンサーリンク
tomo

✓高知県出身Webライター
✓Webライター歴2年
✓文系4年制大学卒

〇卒論ノウハウ
〇就活ノウハウ
〇プログラミング他スキルアップ記事

を中心にブログ投稿をしています。
ライティング依頼・レビュー依頼のご相談はお問合せフォームまで。