スポンサーリンク
スポンサーリンク

卒論を作成する人必見!おすすめの資料(論文)の探し方をご紹介

卒論,資料,探し方 大学生向け

 

皆さんは卒論の準備が進んでいますか?

 

文系の大学生が避けては通れないものに、卒論があります!ほとんどの大学生が苦戦しますが、避けては通れない道です。

 

卒論の準備または執筆を行っている人の中には、卒論に使う資料をどうやって集めたらいいか分からない人や、自分がほしい資料が見つからなくて困っている人もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、卒論に必要な資料の探し方をご紹介していきます。

卒論の作成に活用!おすすめの資料の探し方

卒論,資料,探し方

日本の出版物を探すならここ! 「国立国会図書館」

 

卒論の資料を探す方法に、「国立国会図書館」を利用する方法があります。

 

国立国会図書館には、日本で出版された書籍・新聞・雑誌などがすべて保管されています。すべての資料を閲覧できるとは限りませんが、手続きをすれば閲覧できる可能性もあります。

 

ちなみに、国立国会図書館は、東京館(東京都)・関西館(京都府)・国際子ども図書館(東京都)にあります!これだけみると、地方に住んでいる人だと利用できないのではないかと思われるかもしれません。でも、安心してください(#^.^#)

 

国立国会図書館は、オンライン上で利用できるものもあります!論文はその1つで、複写サービスを利用すると、ページを指定して複写を入手可能です。

 

私も実際に複写サービスを利用しましたが、自分の大学にはない論文を読むことができました(*^-^*)非常に便利なサービスです!

 

ちなみに、オンライン上では、歴史的な資料や美術品などを閲覧できるものもあります(^^♪

 

また、本については、郵送で貸し出しはおこなっていないのですが、ほかの図書館への貸し出しは行っています!

 

自分が住む近くの図書館(大学図書館も含む)が、図書館貸出制度に加盟している場合には、近くの図書館に出向くことで資料を閲覧することができます(#^.^#)

 

国立国会図書館の資料が貸出できるかどうか該当の図書館に確認してみてください!

 

ちなみに、国立国会図書館は、利用者登録をしないと利用することができません!住所や氏名などの個人情報を登録する必要があります。国立国会図書館を利用することで、卒論に必要な本や、論文などを探すことができます!

 

また、1次文献(原文)も探し出すことができるので、非常に重宝します。登録は無料なので、卒論の作成が本格化する前に登録しておくといいのではないでしょうか。

 

ちなみに、卒論を書くときにはしっかりと構成を考えたうえで作成し始めることが大事です。以下の記事では卒論の構成について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください(*^^*)

 

【卒論構成の基本】序論・本論・結論の書き方について徹底解説!
卒論を作成するときには、構成を考えてから書き始めることが大事です。構成としては序論・本論・結論で分けて考えることが多く、しっかりとした内容の卒論を書くには構成に力を注ぐ必要があります。そこで今回は、卒論を書くときの構成(序論・本論・結論)について解説していきます。

 

学術論文を探すならここ! 「CiNii Articles」

卒論,資料,探し方

 

卒論の資料を探す方法として、「CiNii Articles」を利用する方法があります!CiNii Articlesは、論文を検索できるデータベースで、日本で発表された論文を探すことができます。

 

CiNii Articlesではキーワードで検索したり、著作者で検索することもでき、まだ、テーマがしっかり決まっていない場合でも、だいたいのキーワードで論文を検索することができます。

 

このCiNii Articlesは、論文を簡単に検索できるので、卒論の資料を探すときには必須のサービスだといえます!(^^)!

 

私も論文の収集に使用しました(*^-^*)

 

大学にもよりますが、CiNii Artclesを利用できる大学図書館も多いので、自分の大学図書館で確認してみてください(#^.^#)

 

大学図書館の本を探すにはここ! 「CiNii Books」

卒論,テーマ,決め方

 

卒論の資料を探す方法として、「CiNii Books」という方法があります(*^-^*)

 

CiNiiBooksは、大学の図書館に所蔵されている本や雑誌などを検索することができます!自分の大学に所蔵されている資料については、大学図書館で検索することができます!

 

しかし、自分の大学にない資料でも、他大学にはあることもあります(*^-^*)そういったときに、CiNii Booksを利用することで、どこの大学に目当ての資料があるか分かります!どこに資料があるか分かれば、実際に大学へ出向くことで、資料を閲覧することができますよね。

 

近場の大学に資料があれば、閲覧することもできるかもしれません。

 

もしくは、自分の大学図書館とその大学図書館が提携していれば、資料を郵送してもらい、利用することも可能です。わざわざ所蔵されている大学まで閲覧に行かなくて済むのは非常に便利ですね!

 

このように、CiNii Booksを利用することで、卒論の資料を効率的に探すことができます。

 

卒論の資料の探し方を解説【まとめ】

 

ここまでで、卒論の資料の探し方をご紹介しました!卒論を完成させるには、時間がかかりますし、資料もたくさん使用するので大変だと思います(*^-^*)

 

ですが、大学を卒業するためには、提出しないといけません!今回ご紹介した資料の探し方を参考にしつつ、卒論に完成に向けて取り組んでみてください(^^♪

 

みなさんの健闘を祈っています!(^^)!

 

ちなみに、卒論の資料集めをするときにみなさんは何かメモなどを残していますか?ただ資料を集めて探しているだけの人もいるかもしれませんね。

 

でも、実は資料を集めるときに一緒に残しておくべきものがあるんです!以下では卒論の資料集めをするときに残しておくべきものをご紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください(#^.^#)

 

【卒論の準備】卒論の資料を集めたときに残すべき〇〇とは
卒論の作成のために資料を収集すると思いますが、そのときに集めておくといいものがあります!卒論を効率よく作成するためにも知っておくといいです。そこで今回は、卒論の資料を収集するときに集めておきたい〇〇をご紹介します!

 

ちなみに、大学生といえば卒論も大事ですが就活も不安ですよね!就活中には就活の悩みも多くなりますし、他の人がどうやって就活をしているのか気になりものです(#^.^#)

 

そんな人には「就活ノート」がおすすめです!就活ノートでは以下のような情報を無料で入手できます(#^^#)

 

  • 先輩実際に体験したリアルな選考情報
  • 1000社を超える企業の通過ES実例
  • 就活の心得・マナー

 

このように、「就活ノート」では無料登録をするだけで先輩方が体験した就活の体験談や実際に企業の選考を通過したエントリーシートなどを見ることができます!

 

私も就活生のときに活用しましたが、エントリーシートの書き方や面接で聞かれることなどがとても参考になりました(#^.^#)登録は無料なのでぜひ大学生のみなさんは利用してみてください(#^.^#)

 

【登録無料】「就活ノート」でリアルな就活情報を入手しよう
大学生には就活というイベントがあります。就活は初めて経験することばかりで不安な気持ちを抱えている方も多いです。そんな方におすすめの就活サイトに「就活ノート」があります。そこでこの記事では、就活ノートの魅力とおすすめ理由をご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン