アマゾンプライムの学割がお得!Prime Studentの特徴やおすすめポイントを紹介

Amazonプライム 学割 キャンパスライフ
  • Amazon Primeを利用したいけど料金が高いと感じる
  • コストを抑えて映画や音楽を楽しみたい
  • Prime Studentの内容が気になる

 

最近人気が高まっているAmazon Primeですが、大学生であれば学割版「Prime Student」がおすすめです。

 

Prime Studentであれば月額250円で利用できるので、毎月コンビニコーヒー2杯分我慢すれば映画や音楽サービスなどを利用できます。

 

この記事では、Prime Studentのサービス内容や価格をご紹介したうえで、利用するメリットも解説します。

 

Prime Studentの存在に気づかず、Amazon Primeを利用するのはもったいないです。

メリットや毎月のコストをチェックして、お得に映画や音楽などサービスを楽しみましょう!

 

Prime Studentは大学生におすすめのサービスです。

 

\お得なAmazon Primeの学割版/

Prime Studentの6か月無料体験はこちら

✓月額250円(年間2,450円)で利用できる

✓無料期間が6か月とお得

Prime Studentとは?

Amazon Prime 学割

引用元:Prime Student

 

大学生がAmazon Primeを利用したいなら「Prime Student」がおすすめです。

ここでは、Prime Studentについて下記の内容をご紹介します。

 

  • Amazon Studentとの違い
  • Prime Studentのお得な特典
  • Prime Studentの申込み資格
  • 大学卒業後の扱いについて

 

Amazon Studentとの違い

Prime Student Amazon Prime
料金(税込) 250円/月2,450円/年 500円/月4,900円/年
無料期間 6ヶ月間 30日間
加入条件の有無
家族会員の有無

※情報は2021年9月15日現在のもの

 

Amazon PrimeとPrime Studentは特典内容はほとんど変わらないのに、約半額で利用できる点が魅力です。

 

Amazon Primeの学割版ともいえるサービスでしょう。

 

Prime Studentは月額250円で利用できるので、Amazon Primeは高くて利用できない大学生でも利用しやすいですね。

 

また、無料期間も6か月とAmazon Primeの6倍あるのでかなりお得です。

後は加入条件があることと、家族会員の有無に差があります。

 

全体的に大学生であればほとんどデメリットがないので、映画や音楽を楽しみたい人やAmazonをよく利用する人であれば検討してみてはいかがでしょうか。

 

Prime Studentのお得な特典

 

Amazon PrimeとPrime Studentには共通したサービスが多く、主要サービスとして下記のような特典が利用できます。

 

Prime Studentで利用できる特典
  • お急ぎ便使い放題
  • Prime Video
  • Prime Music
  • Prime Reading
  • Amazon Photos
  • Prime Wardrobe
  • ☆本最大10%ポイント還元
  • ☆ソフトウェア対象商品割引
  • Amazon MastercardでAmazonポイントが貯まる
  • お得なセールをいち早くチェック

 

Prime VideoやPrime Musicなど映画や音楽をたくさん楽しめるサービスが利用できるので、おうち時間を有意義に過ごせますね。

 

Amazon Primeと共通の特典に関しては「Amazon Prime公式サイト」で詳しく解説があるので今回は省略します。

 

一方で、Prime Studentにしかない特典はチェックしておきましょう!

 

  • 本最大10%ポイント還元
  • ソフトウェア対象商品割引

 

大学生だと資格学習用の参考書や、趣味の本などを購入することもありますよね。

 

Prime Studentでは3冊以上の本の購入で、最大10%ポイントが還元されるのでお得です。

 

また、AdobeやMicrosoftなどのソフトウェアの割引も利用できます。

例えば「Adobe Creative Cloud」などが割引対象です。

 

大学生のなかには、PhotoShopやAdobe Illustratorなどを学習したい人もいると思うので、そうしたときにお得に利用できますよ!

 

写真や動画編集スキルを学びたい人にとってはありがたい特典ですね!

 

Prime Studentの申込み資格

 

Prime Studentはかなりお得ですが、申込み資格があるため誰でも申込めるわけではありません。

申込み資格は下記の通りです。

 

日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校または高等専門学校の学生であること。(高校生はPrime Student会員登録の対象外です)

・有効な学籍番号を持っていること(学籍番号がない場合は、学生用Eメールアドレスを入力するか、学生であることを証明できる書類(学生証の写しなど)をカスタマーサービスにお送りいただく必要があります)。

・Amazon.co.jpアカウントを持っていること。

会費支払用のクレジットカード、au WALLETプリペイドカード、デビットカード(クレジットカードをお持ちでない方は、保護者の同意があれば、au WALLETプリペイドカード、デビットカードまたは保護者のクレジットカードを利用できます)を持っているか、携帯決済が可能なこと。

・Prime Student会員限定の特典やキャンペーンに関するEメールのお届けに同意できること。

20歳未満の方は保護者の同意があること。

※引用元:Amazon

 

Prime Studentには上記の条件を全て満たしていないと登録できません。

 

学籍番号や学生用メールアドレスなどが求められるので、学生以外は利用できない仕組みになっています。

 

とはいえ、大学生であればほとんどクリアできる条件です。

 

Prime Studentの支払い方法
  • クレジットカード
  • プリペイドカード
  • 携帯電話キャリア決済
  • デビットカード
  • Amazonギフト券※¹
  • ペイディー

※¹Amazonギフト券での決済はできるが、ギフト券だけでは支払い登録ができないため、別途他の支払い方法を登録する必要がある。

 

クレジットカードがない人でも、デビットカードや保護者のクレジットカード、携帯決済などが利用できます。

 

ほとんどの人が利用できると思いますが、事前に条件をチェックしておくと良いでしょう。

 

申込み条件は要チェックです!

 

卒業後はAmazon Primeに自動移行

 

Prime Studentについて、ネット上では卒業後も利用できるという情報も出回っていますが、実際は卒業後は利用できません。

 

公式サイトには下記のように記載があります。

 

有料会員になると、卒業までは毎月または毎年会員登録が更新され(自動更新をオフにしている場合は除きます)、最長で4年間ご利用いただけます。

引用元:Amazon

 

Prime Student会員が、単科大学を卒業し、人生の新たなステージに向けた一歩を踏み出すこととなった場合には、自動的に通常のAmazonプライム会員登録に切り替わります。

引用元:Amazon

 

大学1年生で登録した場合は4年間利用できますが、それ以外だと短い期間しか利用できないケースもあります。

 

大学を卒業すると自動でAmazon Primeに移行されるので、契約満了までに継続か退会かを選択することになります。

 

卒業までしか使用できないPrime Studentですが、料金が安い点はメリットです。

 

短い期間しか利用できない人でも、社会人になってもAmazon Primeを利用するならPrime Studentを利用した方がお得ですね!

 

\お得なAmazon Primeの学割版/

Prime Studentの6か月無料体験はこちら
✓月額250円(年間2,450円)で利用できる
✓無料期間が6か月とお得

Prime Studentが大学生におすすめな理由

大学生,おすすめ,クレジットカード

 

ここまで、Prime Studentの特徴を解説しましたが、このサブスクリプションサービスは大学生におすすめです。

 

ここからは、大学生にPrime Studentがおすすめな理由として、下記の内容を解説します。

 

  • Amazon Primeの半額で利用できる
  • 無料体験期間が6か月と長い
  • 本の購入で最大10%のポイント還元がお得
  • 映画・アニメ・音楽など幅広いサービスが利用できる

 

Amazon Primeの半額で利用できる

 

大学生のなかには映画や音楽を聴きたいけど、サブスクはお金がかかるから利用できないという人もいると思います。

 

その点、Prime Studentなら月額250円で利用できるので利用しやすいです。

Amazon Primeの半額で同じくらいのサービスが利用できるのは魅力的。

 

毎月250円ならコンビニやスターバックスで購入する飲み物を我慢するだけで捻出できますよね。

低コストである点は大学生におすすめする大きな理由です!

 

毎月のコストが少なければ、その分継続して利用しやすいです。

無理なく利用するためにも、大学生にはPrime Studentをおすすめします!

 

趣味に使うお金のコスパは大事です。

 

無料体験期間が6か月と長い

 

最近のサブスクには無料体験期間ってありますよね。

無料で使える期間が長いとその分支払いが不要なのでお得です。

 

Amazon Primeの場合は無料体験期間が30日間に対して、Prime Studentは6か月もあります。

 

半年間無料で利用できるのはかなり大きいですよね。

もちろん、無料期間中にいまいちだと感じたら退会することもできます。

 

「Prime Videoで見たい映画・アニメがある」

「ちょっと試しに利用してみたい」

 

こういった気持ちで気軽に体験できるのも魅力です。

 

無料期間が6か月あるので、しっかりサービスを体験できますね。

利用するか悩んでいる方も、これならお試し利用しやすいでしょう!

 

本の購入で最大10%のポイント還元がお得

 

Prime Student限定の特典である本の購入で最大10%のポイント還元も魅力です。

 

大学生だと本を購入する人もいると思いますが、Prime Studentでは3冊以上同時に購入する場合に最大10%ポイントが還元される特典が利用できます。

 

本をネットで購入する人も多いと思いますが、ポイントが貯まるのはありがたいですよね。

特にAmazonのヘビーユーザーであれば、ポイントの使い道もあるのでメリットといえるでしょう。

 

参考書やビジネス書などを購入するときにお得ですね!

 

映画・アニメ・音楽など幅広いサービスが利用できる

 

Prime StudentはAmazon Primeの半額で利用できるうえに、映画・アニメ・音楽など幅広いサービスが利用できます。

 

他にもサブスクサービスはたくさんありますが、映画・アニメ・音楽など複数サービスが低価格で利用できるサービスはあまりありませんよね。

 

この価格で利用できるのであれば、毎月課金しても利用する価値は高いです。

映画好き・音楽好きのみなさん、ぜひ登録してみてくださいね!

 

Prime Studentの登録方法

  1. Amazonアカウントでログインする
  2. 学生証明を行う
  3. 支払い方法を登録する

 

Prime Studentを登録するのはそこまで難しくありません。

まずは、Amazonアカウントを作成する必要があります。

 

Amazonアカウントの作成方法は省略しますが、作成できたらアカウントにログインします。

その後、学生であることを証明するために学生証明が必要です。

 

学生証明は下記の3つの資料のいずれかが必要です。

 

  • 学生証の学籍番号
  • 学校指定のメールアドレス
  • 学生証・在学証明書・合格通知書

 

一番簡単なのは学生証の学籍番号か学校指定のメールアドレスを記載する方法です。

記入フォームに従って記載するだけなので楽ですね。

 

上記の2つが無理なら、学生証・在学証明書・合格通知のいずれかの写しをカスタマーサービスに提出する必要があります。

 

カスタマーサービスに提出するのはめんどうなので、基本は学籍番号等を記載すれば問題ありません。

 

最後に先ほども解説した支払い方法を記載すれば完了です。

文章で書くと長く感じますが、簡単なのでぜひ登録してみてくださいね!

 

Prime Studentは大学生におすすめ【まとめ】

 

今回は大学生におすすめなサブスク「Prime Student」をご紹介しました。

 

Prime Studentは月額250円と低コストで、Amazon VideoやAmazon Musicなどが利用できるお得なサービスです。

 

主に以下の点がお得ポイントです。

 

  • Amazon Primeの半額で利用できる
  • 無料体験期間が6か月と長い
  • 本の購入で最大10%のポイント還元がお得
  • 映画・アニメ・音楽など幅広いサービスが利用できる

 

無料お試し期間も6か月もあるので、ぜひ一度利用してみてくださいね!

 

\お得なAmazon Primeの学割版/

 

スポンサーリンク
tomo

✓高知県出身Webライター
✓Webライター歴2年
✓文系4年制大学卒

〇卒論ノウハウ
〇就活ノウハウ
〇プログラミング他スキルアップ記事

を中心にブログ投稿をしています。
ライティング依頼・レビュー依頼のご相談はお問合せフォームまで。