スポンサーリンク

webライターが情報収集をするときのコツと注意点を解説!

webライター

 

webライターにとって情報収集はとても大切です!

 

webライターの主な仕事は記事執筆ですが、記事を書くときには情報収集が必要です。

 

記事を書くときに自分の経験や知識をもとに書くこともありますが、ほとんどの場合で情報収集が必要でしょう。

 

情報収集といってもさまざまな方法がありますし、正確な情報を入手するためにはコツが必要です。

 

そこで今回は、webライターが情報収集をするときのコツと注意点を紹介します♪

webライターがやっている情報収集の方法!

インターネットで検索する

 

webライターが記事執筆のために情報収集をするときには、インターネットを用いて検索することが多いです。

 

現代ではインターネットにさまざまな情報が掲載されているので、インターネットで検索すればだいたいの情報は入手できます。

 

また、公式サイトなどもインターネットから閲覧できるので、よほど専門的な内容でない限りは問題なく情報収集することが可能です。

 

実際に検索するときには、記事のキーワードで検索したり、関連する単語で検索したりして検索結果から情報を取捨選択することになります(#^.^#)

 

雑誌・書籍を調べる

 

webライターの情報収集の方法として、雑誌や書籍を調べることがあります。

 

だいたいのことがインターネットで検索できる世の中になってはいますが、専門的な内容やマニアックな内容に関しては雑誌や書籍を頼ることも多いです。

 

雑誌や書籍には分かりやすく図や絵で説明しているものもあるため、情報を理解しやすいという一面も。

 

また、雑誌や書籍を買うとなると費用がかかりますが、図書館などを利用すれば無料なので、積極的に図書館を利用すると便利です(*^-^*)

 

実際に取材をする

 

情報収集というとインターネットや書籍などで集めることをイメージしがちですが、webライターの場合には実際に現地に出向いて取材するパターンもあります。

 

特定の店や企業、観光地などを紹介したり、インタビュー記事などを書いたりする場合には取材して情報収集することが多いです!

 

取材が必要な場合には、取材費とライティングの料金が別で支払われるケースが多く、取材ができれば収入アップを目指すこともできます。

 

どうしても情報が入手できないときには、現場を取材して情報収集することも検討してみてください(*^^*)

 

webライターがブログを運営するメリットとは!
webライターはライティングが主な仕事で、さまざまな記事を作成します。そんなwebライターがブログを運営するとさまざまなメリットがあります。そこで今回は、webライターがブログを運営するメリットをご紹介していきます。

 

webライターが情報収集するときのコツ!

公式サイトの情報を重要視する

 

webライターが情報収集するときのコツとして、公式サイトの情報を重要視することが挙げられます。

 

情報収集をするときには、インターネットで検索することが多いですが、検索結果として出てくるサイトの中には公式サイトとブログやメディアなどがあります。

 

ブログやメディアの記事というのはたくさん存在しますが、その情報がすべて正しいとは限りません。

 

中には筆者の意見が含まれていることもあるので、正しい情報かどうかチェックが必要です。

 

その点、公式サイトでは正しい情報が掲載されているので、記事の参考にするときや引用・参照する情報は公式サイトを優先的に活用するようにしましょう(#^.^#)

 

必ず複数の情報元を参考にする

 

webライターが情報収集するときには、必ず複数の情報元を参考にすることが大事です。

 

情報収集というのは意外に時間がかかる作業で、記事を書くよりも時間がかかることもあります。

 

そんな中で、作業時間を削減するために参考にする情報を少なくするwebライターも中にはいるようですが、より客観的で正確な記事を書くには複数の情報元を参考にすることが大切です!

 

複数の情報元を利用して記事を書くことで、さまざまな意見を取り入れることができますし、複数の切り口から記事内容を展開させることができます(#^.^#)

 

正しい情報かどうか意識する

 

情報収集はただ情報を集めたらいいわけではなく、正しい情報かどうか意識して集めることが大切です。

 

最近ではインターネットを検索すれば、たくさんの情報を入手することができます。

 

ただ、その入手した情報が必ず正しいとは限りません。

 

インターネット上には、情報元が定かでない情報や間違った情報なども多く、そういった情報をもとに記事を書いてしまうと信ぴょう性の低い記事が出来上がってしまいます!

 

また、間違った情報を記事に記載してしまい後で判明したときには最悪の場合、賠償問題に発展する可能性も。

 

webライターにとって信用はとても大事なので、扱う情報が正しいかどうかは意識しておくことが大切です(*^-^*)

 

よく使用する参考サイトはお気に入り登録しておく

 

webライターとして活動しているとインターネットで情報収集することが多いですが、情報収集の時間を短縮するためには効率化することが大事です。

 

情報収集を効率よく行うには、よく使用する参考サイトをお気に入り登録しておくと良いでしょう。

 

webライターをしているとテーマに特化して案件を受注するケースもありますが、そういった場合には記事に使用する情報が共通することも多いです。

 

例えば、私であればIT関連の記事を書くことが多いですが、プログラミング系のサイトを何度も参考にすることがあります!

 

こういった何度も参考にするサイトを毎回いちいち検索するのは非効率です。

 

よく使用する情報が掲載されているサイトはお気に入り登録しておくことで、情報収集にかかる時間を短縮することができます(#^.^#)

 

webライターが情報収集するときの注意点!

情報元をしっかりと確認する

 

webライターが情報収集するときには、情報元をしっかりと確認することが大事です。

 

特にインターネット上の情報でいえることですが、多くのサイトが存在している中で正しい情報もあれば間違った情報もあります。

 

特にブログやメディアで紹介されている情報の場合には、その情報の出どころがどこなのか、本当に正しい情報なのかをしっかりと確認することが大切です。

 

また、情報の出どころが不明な場合には、安易に参考にするのではなく、どうしても確認できないときには参考にしないようにしましょう(#^.^#)

 

情報の新旧を確かめる

 

情報収集を行うときには、その情報の新旧を確かめることが大切です。

 

特にインターネット上の情報にいえることですが、サイトに掲載されている情報が新しいものとは限りません。

 

情報自体は正しくても、サイトが更新されていなければ古い情報が掲載されているケースもあります。

 

例えば、転職サイトの記事を作成していて、最新の業界情報を知りたいのに5年前の情報を用いて記事を書いても意味はありませんよね!

 

その記事を読みたい人は、最近の業界情報を知りたいのであって5年前の情報が知りたいのではないからです。

 

古い情報が必ずしもダメというわけではありませんが、集めた情報が新しいのか古いのかは確認しておく必要があります(#^.^#)

 

【まとめ】

 

webライターが記事を執筆するためには情報収集が欠かせません。

 

webライターとして活躍するには、より多くの情報を効率よく収集することはもちろん、正しい情報を取捨選択する力も求められます!

 

特にインターネット環境が普及している中でサイトもかなりの数存在しており、正しい情報を見抜く力は今後さらに必要となってくることでしょう。

 

今回紹介した情報収集をするときのコツや注意点などを参考にしつつ、情報収集をしっかり行うようにしてください(*^^*)

 

【webライティングは構成が命】まず構成から考えるべき理由!
webライターは記事などをライティングすることが仕事です。webライティングを行って質の高い記事を作成するには、構成をしっかり考えることが大事です。そこで今回は、webライティングするときに作成する構成がいかに大切かを紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン