スポンサーリンク
スポンサーリンク

webライターが記事をライティングするときに注意すべきこと!

卒論,時期 webライター

 

webライターがライティングするときに注意すべきことって何でしょうか?

 

こんにちは!webライターのtomo@Tomo_43ad)です(^^♪

 

私はwebライターをしていますが、ライティングをするときにいつも注意していることがあります!

 

クライアントや読んでもらう人に満足してもらう記事をライティングするためには、それなりに意識してライティングする必要があると思っています。

 

そこで今回は、webライターが記事をライティングするときに注意すべきことをご紹介します(#^.^#)

webライターが記事をライティングするときに注意すべきポイント!

webライター,ライティング

 

ここからは、さっそくwebライターがライティングするときの注意点について解説していきます。webライターはクライアントがあってこそ成り立つ仕事なので、クライアントに配慮したライティングが求められます!

 

いくらライティング技術が高くても、クライアントの意向に合わなければいい記事とはいえません。しっかり注意点を確認していきましょう(#^.^#)

 

納期は厳守!

 

webライターとして記事をライティングするのであれば、納期を厳守するのは絶対条件です!納期を守れないwebライターは信用されません。信用されなければ、継続して案件を獲得するのが難しくなります!

 

また、やむを得ない事情がある場合には、無断で納期を守らないのではなく、事前に連絡するようにしてください。もしかしたら、猶予期間を与えてくれるかもしれません!

 

やむを得ない事情でも本当は納期を守る必要がありますが、どうしてもライティングできない場合もあると思うので、できるだけ早めに対処することが求められます(#^.^#)

 

さらに、クライアント側も代わりの人を用意する時間が必要です。もし納期を守れないのにクライアントにそのことを伝えないまま納期になってしまうと、代わりのwebライターを探す時間が足りなくなります!できるだけ早く伝えて、クライアントの負担を軽減するようにしてください!

 

クライアントの指示通りの記事を作成する!

webライター,ライティング

 

webライターが記事をライティングするときに注意すべき点として、クライアントの指示通りの記事を書くことが挙げられます。

 

クライアントは、webライターに対して記事の内容や形式などを指示してきます!基本的にはこの指示に従ってライティングすることが重要です。

 

いくらライティングスキルが高くても、クライアントの指示に従わなかったり、自分の書きたいようにライティングする人はwebライターとして信用されません!

 

クライアントからの指示は、細かいものから大まかなものまでさまざまです。記事のキーワードと記事のターゲットだけしていして他はwebライターに任せるクライアントもいます。

 

逆に、構成・項目・内容・参照資料まで指定されたうえでライティングする場合もあるので、その都度確認する必要があります(#^.^#)

 

特に複数のクライアントを相手に仕事をするときには、指示がごちゃごちゃにならないように注意が必要です。

 

ライティングに慣れないうちは、自分が意図しないところでクライアントの指示に反している場合があります。しかし、少しずつ経験を重ねるとだんだん指示通りライティングできるようになっていきます!

 

webライターの営業術!営業のコツと案件の獲得法とは?
フリーのwebライターとして働くためには、取引先を獲得しなければいけません!webライターを始めたばかりの方の中には、どうやって営業すれば取引先を確保することができるのかわからない人もいるでしょう。そこで今回は、webライターの営業術をご紹介していきます。

 

クライアントの依頼意図を考える!

 

webライターが記事をライティングするときに注意すべきこととして、クライアントの依頼意図を考えることが挙げられます。

 

クライアントは意図があってwebライターに記事作成を依頼しています!その意図をくみ取って記事をライティングする必要があります(#^.^#)

 

例えば、クライアントが自社サービスの集客を目的に記事を依頼した場合には、webライターは読者にクライアントの自社サービスを利用してもらえる記事を作成しなければいけません。

 

いくらライティングスキルが高くても、集客につながらなければ意味がないことになります。このように、クライアントが何を目的に記事を作成したいのかをしっかり頭に入れたうえで、記事をライティングする必要があります!

 

誤字脱字をなくし訂正がないようにする!

webライター,ライティング

 

webライターが記事をライティングするときの注意点として、誤字脱字をなくし、訂正がないようにすることが挙げられます。

 

誤字脱字をなくすのは、webライターの仕事です。納品するまでに誤字脱字がないか何度も見直す必要があります!

 

また、もし誤字脱字があるまま記事を納品した場合、記事の価値が下がってしまうことになります。結果的にはクライアントの不利益となってしまい、信用を失ってしまいます!

 

少しの誤字脱字ならばまだいいですが、明らかに内容が間違っている場合には思わぬ損失が発生する可能性もあります!

 

また、誤字脱字の訂正の手間もかかってしまいます。記事を納品した後にクライアントから誤字脱字の修正依頼が来ることがあります!このやりとりは、誤字脱字がなければないものなので、なるべく誤字脱字を減らす努力が大切です(#^.^#)

 

クライアントに満足してもらえるライティングを心がける!

 

ここまでで、webライターが記事をライティングするときに注意すべきことを解説しました。webライターとしてライティングを行うときには、注意しなければいけない点が多くありますが、クライアントに満足してもらえるライティングを心がけることが大切です(#^.^#)

 

今回ご紹介した注意点を参考にしつつ、クライアントに満足してもらえるライティングを心がけるようにしましょう!

 

現役webライターが考える!webライターに必要なスキルとは
webライターに必要なスキルって知っていますか。webライターに必要なスキルはたくさんあり、どれかかけていても生き残ることは難しいです。そこで今回は、現役webライターがwebライターに必要なスキルについて解説します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン