スポンサーリンク
スポンサーリンク

webライターが記事をライティングするときに注意すべきこと!

卒論,時期 webライター

 

webライターがライティングするときに注意すべきことって何でしょうか?

 

webライターの主な仕事とはライティングすることですが、ただライティングすれば良いかというとそうではありません。ただ書けばよいのであれば、webライターに依頼する必要はありませんよね?

 

クライアントがwebライターにライティングの依頼をするということは、何かしら期待するものがあるということです。では、そういう点に注意してライティングを行えばクライアントの要望に応えることができるのでしょうか?

 

そこで今回は、webライターが記事をライティングするときに注意すべきポイントを紹介します。

webライターが記事をライティングするときに注意すべきポイント!

webライター,ライティング

納期は厳守する!

 

webライターとして記事をライティングするのであれば、納期を厳守するのは絶対条件です!納期を守れないwebライターは信用されません。信用されなければ、継続して案件を獲得するのが難しくなります。

 

また、やむを得ない事情がある場合には、無断で納期を守らないのではなく、事前に連絡するようにしてください。もしかしたら、猶予期間を与えてくれるかもしれません!

 

やむを得ない事情でも本当は納期を守る必要がありますが、どうしてもライティングできない場合もあると思うので、できるだけ早めに対処することが求められます。

 

さらに、クライアント側も代わりの人を用意する時間が必要です。もし納期を守れないのにクライアントにそのことを伝えないままにしてしまうと、代わりのwebライターを探す時間が足りなくなってトラブルに発展する可能性も。

 

納期に間に合わない場合にはできるだけ早く伝えて、クライアントの負担を軽減するようにしてください!また、納期に遅れないようにするためにもスケジュール管理をしっかりと行うようにしましょう。

 

クライアントの指示通りの記事を作成する!

webライター,ライティング

 

webライターが記事をライティングするときに注意すべき点として、クライアントの指示通りの記事を書くことが挙げられます。クライアントは、webライターに対して記事の内容や形式などを指示してきます。基本的にはこの指示に従ってライティングすることが重要です。

 

クライアントがwebライターに対して指示を出しているということは何らかの理由があります。1人が指示通りにライティングしなかっただけでも不都合が発生する可能性もあるので注意が必要です。

 

また、いくらライティングスキルが高くてもクライアントの指示に従わなかったり、自分の書きたいようにライティングする人はwebライターとして信用されません!

 

クライアントからの指示は、細かいものから大まかなものまでさまざまです。中には記事のキーワードと記事のターゲットだけ指定して他はwebライターに任せるクライアントもいます。

 

逆に、構成・項目・内容・参照資料まで指定されたうえでライティングする場合もあるので、その都度確認する必要があります(#^.^#)

 

特に複数のクライアントを相手に仕事をするときには、指示がごちゃごちゃにならないように注意が必要です。

 

ライティングに慣れないうちは、自分が意図しないところでクライアントの指示に反している場合があります。分からないままライティングするのではなく、ライティングを開始する前にクライアントに細かく指示を確認することで指示通りにライティングできるようになりますよ(*^-^*)

 

webライターの営業術!営業のコツと案件の獲得法とは?
フリーのwebライターとして働くためには、取引先を獲得しなければいけません!webライターを始めたばかりの方の中には、どうやって営業すれば取引先を確保することができるのかわからない人もいるでしょう。そこで今回は、webライターの営業術をご紹介していきます。

 

クライアントの依頼意図を考える!

 

webライターが記事をライティングするときに注意すべきこととして、クライアントの依頼意図を考えることが挙げられます。クライアントは意図があってwebライターに記事作成を依頼しているので、その意図をくみ取って記事をライティングする必要があります。

 

例えば、クライアントが自社サービスの集客を目的に記事を依頼した場合には、webライターは読者にクライアントの自社サービスを利用してもらえる記事を作成しなければいけません。この場合、いくらライティングスキルが高くても集客につながらなければ意味がないことになります。

 

クライアントの意図をしっかり読み取ってライティングができるwebライターはクライアントとしても重宝するので、継続的に仕事をいただける可能性も高いです。

 

また、SEOや売り上げの成績によっては単価を上げてくれることもあるので、クライアントの意図に注目してライティングするようにしましょう(#^.^#)

 

誤字脱字をなくし訂正がないようにする!

webライター,ライティング

 

webライターが記事をライティングするときの注意点として、誤字脱字をなくし、訂正がないようにすることが挙げられます。誤字脱字がないというのは良いwebライターの条件でもあり、納品するまでに誤字脱字がないか見直しが必要です。

 

また、もし誤字脱字があるまま記事を納品した場合、記事の価値が下がってしまうことになります。そうなってしまうと結果的にはクライアントの不利益となってしまい、信用を失ってしまいます!

 

少しの誤字脱字ならばまだいいですが、明らかに内容が間違っている場合には思わぬ損失が発生する可能性も。サイトの収益化ができなくなったり、裁判沙汰になったりする可能性もないとはいえません。

 

また、誤字脱字の訂正の手間もかかってしまいます。記事を納品した後にクライアントから誤字脱字の修正依頼が来ることがあります!このやりとりは、誤字脱字がなければないものなので、なるべく誤字脱字を減らす努力が大切です(#^.^#)

 

ちなみに、誤字脱字を減らすためにはwordの校正機能を使用したり、チェックツールを使用したりすると効果的です。特にwordは簡単にチェックができますし、wordが入っていれば無料で使用できる機能なのでおすすめです。

 

クライアントに満足してもらえるライティングを心がける!

 

ここまでで、webライターが記事をライティングするときに注意すべきことを解説しました。webライターとしてライティングを行うときには、注意しなければいけない点が多くありますが、クライアントに満足してもらえるライティングを心がけることが大切です。

 

クライアントの希望に合ったライティングができるかできないかはwebライターとして活躍できるかどうかに大きく関係します。今回ご紹介した注意点を参考にしつつ、クライアントに満足してもらえるライティングを心がけるようにしましょう(#^.^#)

 

【webライターに必要なスキル】活躍するにはどんな力が必要?
webライターに必要なスキルって知っていますか。webライターに必要なスキルはたくさんあり、どれかかけていても生き残ることは難しいです。そこで今回は、現役webライターがwebライターに必要なスキルについて解説します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン