スポンサーリンク
スポンサーリンク

webライターの仕事を効率化!毎日の作業をルーティーン化しよう

webライター,仕事,効率化 webライター

 

webライターは仕事の効率化が大切です!

 

webライターとして働く中で、どうやって仕事を効率化するかは課題です。仕事を効率化できれば余裕をもって仕事を進めることができるし、新しいことにチャレンジする時間も生まれます!

 

さらに、より多くの仕事をすることができるようになるので、収入アップも可能です。では、どうやったら仕事の効率をアップさせることができるのでしょうか?

 

私はwebライターの経験から、仕事の効率をアップさせるには【日々の業務をルーティーン化】することが大事だと考えています!

 

そこでここからは、webライターが仕事の効率をアップさせるには、業務のルーティーン化が大事だと考える理由をご紹介していきます(#^.^#)

webライターの仕事を効率化!ルーティーン化するメリット

webライター,仕事,効率化

メリット① 順序良くスムーズに仕事が進められる

 

webライターが仕事をルーティーン化することで、順序良くスムーズに仕事を進めることができます。ルーティーン化していないと、次に何をするのかその都度決める時間がかかってしまうんです。

 

毎回の判断に時間をかけるのは効率が悪いですし、順序を間違えると時間をロスしてしまう可能性も。一方で、仕事を進めるルーティーンを決めていれば、仕事の順序や休憩を取るタイミングなどが決まっているのでスムーズに作業を進めることができるし、集中して業務を行うことができます!

 

休憩がいつあるか決まっていたら休憩まで集中できます!

 

webライターは仕事をルーティーン化すると、あらかじめ仕事をする順序や時間配分がある程度決まっているので、タイムスケジュールを悩むこともなくスムーズに仕事に入れるのでおすすめです!

 

メリット② なまけることなく規則正しく働ける

 

仕事をルーティーン化することで、日々の仕事をなまけることなく規則正しく働けるというメリットがあります。フリーランス(在宅勤務)のwebライターは、基本的に自分で仕事の時間とプライベートの時間を設定することが可能です。

 

でも、自宅で働くとなると誘惑も多くなります。テレビやスマホ、漫画やお菓子などサボろうと思えば永遠にサボれてしまう怖い仕事でもあるんですよね( ゚Д゚)

 

でも、ある程度仕事をルーティーン化しておけば、仕事を開始する時間と終了する時間、休憩の時間などがはっきり分かれるので集中して仕事がしやすいです。

 

ルーティーン化することで自宅で働きながら会社員のように決まった時間に決まった行動ができるようになり、効率よく仕事を進めることができるようになります!

 

ただ、ルーティーン化していても臨機応変に予定を変えられる点はフリーランスの特権でもあるので、基本はルーティーン化して時々変更するくらいのスタンスがちょうどいいのかなと思います。

 

メリット③ スケジュール管理が簡単

 

仕事をルーティーン化することで、スケジュール管理が簡単にできるようになります。webライターは複数のクライアントから仕事をもらっていることも多いので、スケジュール管理を徹底しないと仕事の遅れにつながる可能性も…..

 

webライターにとってクライアントからの信頼は何より大事です!

 

仕事が遅れてしまうと、クライアントの信頼を失ってしまいます。仕事をルーティーン化していない場合にはいつ仕事をするかが曖昧なので予定が立てにくいし、進捗も予定通り進んでいるかはっきりしません。そうなると気がつかないうちに仕事が遅れていた!なんて事態も発生します。

 

一方で、仕事をルーティーン化しておけば仕事をする時間があらかじめ分かっているので、スケジュールを立てやすいし進捗状況も把握しやすくなります。このように、仕事をルーティーン化することでスケジュール管理がしやすくなるのでおすすめです。

 

webライターの始め方!おすすめのクラウドソーシングサイトをご紹介
最近では、副業や専業でライターを目指している人も多くなってきました。しかし、ライターの案件をどこで獲得すればいいか悩んでいる人もいると思います!そこで今回は、ライターをはじめる方に向けて、おすすめのクラウドソーシングサイトをご紹介します!

 

webライター必見!ルーティーン化すべき業務

webライター,仕事,効率化

ルーティーン① 仕事を開始&終了する時間

 

webライターが仕事をするうえでルーティーン化するべき業務として、仕事を開始する時間と終了する時間があります。あらかじめ仕事を開始する時間と終了する時間を決めておくことで、仕事の時間とプライベートとの時間を分けることが可能です。

 

また、毎日仕事を開始する時間がバラバラだと徐々にサボりやすくなってくるし、一日に進むペースが変わってしまいます。そのため、仕事を開始する時間と終了する時間はルーティーン化しておくことをおすすめいします!

 

ルーティーン② 記事を書き始めるまでの工程

 

webライターは記事を書き始めるまでの工程をルーティーン化しておくことをおすすめします。記事を書くときにライティング以外にも、参考資料の検索・構成作成など記事を作成する準備が必要です。

 

こういった記事を書き始めるまでの準備をルーティーン化すると、スムーズに記事執筆まで進めることができるので、仕事の効率を上げるのに非常に効果的です。

 

ルーティーン③ 仕事を忘れる自由な時間

 

webライターの仕事の中でルーティーン化するべきものとして、仕事を忘れる自由な時間が挙げられます。在宅で働いているwebライターは仕事とプライベートの時間が混在しやすく、リラックスする時間を取っていない方も多いです。

 

でも、リフレッシュする時間がないとライティングを行うことに飽きてしまったり、ストレスが溜まってしまったりと良いことがありません。そのため、しっかりとリフレッシュする時間が重要となります。

 

その点、仕事をルーティーン化しておけばプライベートの時間も確保でき、しっかりとリフレッシュすることでストレスを軽減することが期待できます。

 

webライター【tomo】の一日のルーティーン事例

webライター,仕事,効率化

 

私はライティング時間と自由な時間を決めているわけではなく、ライティング時間以外はだいたいリラックスする時間という風に決めています。

 

午前 9:00 ー 起床

午前 10:00 ~午後 1:00 ー ライティング業務

午後 2:00 ~ 午後 6:00 ー ライティング業務

午後 9:00 ~ 就寝まで ー ブログ執筆 or 仕事が残っていればライティング業務

 

基本的に1日7時間~8時間以上はライティングを行うようにしていて、文字数としては8000字程度のことが多いです。夜はブログを作成するか自由時間にすることが多いですが、仕事が立て込んでいる場合にはライティング業務を行うこともあります!

 

基本的には、このルーティーンで仕事を行っていて休みは仕事の区切りが良いところ or 土日で取るように自分の中で決めています。日々の業務をルーティーン化すると仕事の効率がアップしますが、webライターの仕事って意外に不規則なんですよね(笑)

 

記事の修正が入ったり、追加で記事作成の依頼が来たりするので上記のようなルーティーンから外れることも多々あります。webライターとして継続して活躍するには、ルーティーンを守ることも大事ですが、臨機応変に対応できる力も必要だなと思います(#^.^#)

 

【まとめ】自分に合わせて仕事をルーティーン化しよう

 

ここまでで、webライターが仕事をルーティーン化するメリットとルーティーン化すべき業務についてご紹介しました!フリーランスの働き方は、自由に働く時間を決められるところがメリットですが、ある程度業務をルーティーン化することで仕事の効率をアップさせることができます。

 

皆さんもwebライターの仕事を効率化したいと思ったときには、仕事をルーティーン化してみてください。

 

webライターとして活躍するために必要なこと【まとめ】
webライターとして活躍していくには、いろいろなことに注意しながら活動する必要があります。そこで今回は、webライターとして活躍する方法についてまとめました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン