webライターになるには勉強が必要?【勉強より実践が重要です!】

webライター

 

webライターになるなら勉強より実践する方がおすすめですよ♪

 

webライターになるためには、しっかりとライティングについて勉強しないといけないと思っている人もいると思います。

 

webライターといえば、ライティングスキルやSEOに関する知識を身につけてからでないとスタートできないというイメージもあるかもしれませんが、実は仕事の中で学べることも!

 

そこでこの記事では、webライターになるために勉強が必要なのかについて解説していきます(#^.^#)

webライターを始める段階では最低限の勉強でOK!

ライティングスキルは実践で身につけられる

 

ライティングスキルは何日もかけて勉強しないといけないイメージがあるかもしれませんが、実は少し学んで実践に入る方が効率が良いです(*^-^*)

 

特にwebライターの場合ライティングの基礎というのはそこまで難しくないので、理解するのにそこまで時間はかかりません。

 

ただ、理解はできても実際に再現できるかは別です!実際にライティングを繰り返していく中でライティングスキルを身につけるのが良いでしょう♪

 

最初に書籍を1~2冊読んでおけば大丈夫

 

webライターを始めるときに勉強はほとんど必要ありませんが、不安なら最初に1~2冊程度読んでおくと良いでしょう!

 

市販でもwebライティングの技術本やSEOに関する本などが販売されているので、基礎を簡単に学んでみてください(*^-^*)

 

 

 

1冊2000円程度で購入できるので、webライターを始めるときに購入して勉強してみましょう!

 

webライターが勉強すべきタイミングはいつ?

特定のジャンルに絞ってライティングをするとき

 

webライターを始めるときにはそこまで本格的な勉強は必要ないです。

 

ただ、webライターとして活動していて特定のジャンルに絞ってライティングをするときには勉強した方が良いでしょう(*^-^*)

 

webライターはさまざまなジャンルの記事を書くことになりますが、ある程度慣れてくると得意ジャンルが見つかることも多いです。

 

ちなみに私の場合には、最初はいろいろなジャンルを担当していましたが、今ではIT系の記事が得意分野になっています♪

 

このように、特定の得意なジャンルが見つかったのであれば、その分野の勉強をして知識を深めるとより活躍しやすくなるでしょう(*^-^*)

 

特にwebライターは専門性が高い方が記事単価も良くなる傾向があるので、自分の強みが見つかったらその分野を勉強してみてください!

 

webライターがクラウドソーシングを卒業する方法とは?
webライターは多くの人がクラウドソーシングサイトを利用します。ただ、活躍の場を広げるためにもいつまでもクラウドソーシングサイトに頼るというのはよくありません。そこで今回は、webライターがクラウドソーシングサイトを卒業する方法を紹介します。

 

収入アップを目指したい or 収入が伸び悩んでいるとき

 

webライターとして活動していても、ある一定のラインを超えると収入がアップしなくなることがあります。webライターによって月収はさまざまですが、だいたい月収20万円を目安に伸び悩むことが多いようです!

 

実際に私も、20万円を目前に足踏みをした経験があります。

 

webライターとして伸び悩んでいるときというのは、単純にライティングの調子が悪いという理由や仕事に恵まれないといった理由ではなく、実力不足であることも多いです!

 

伸び悩みの時期は今以上に知識やスキルを身につけるタイミングともいえるため、積極的に勉強すると良いでしょう(*^-^*)

 

また、これから月収を上げていきたいと考えているwebライターも勉強すべきタイミングです。

 

webライターは単純にライティングだけできる人より、SEOの知識やwordpressの知識などライティングをするうえであると便利なスキルが多い人の方が月収が高くなる傾向にあります(#^.^#)

 

なので、年収をアップさせたいと本気で考えているのであれば、できることを増やせるようにライティング以外のスキルも学ぶようにしましょう!

 

webライターは何を勉強すれば良い?

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • 伝わりやすく読みやすい文章の書き方

 

webライターが勉強すべき内容として「SEO(検索エンジン最適化)」と「伝わりやすく読みやすい文章を書くスキル」があります!

 

SEO(検索エンジン最適化)というのは、簡単にいうと「Googleなどの検索エンジンで上位に表示されるためのスキル」のことです。

 

  • タイトルの作成方法
  • 構成の作成方法
  • キーワード選定
  • 共起語の混入率など

 

上記のようにタイトルや構成の考え方や、キーワード選定の方法など検索エンジンで上位に表示させるためには工夫すべきポイントがあります。

 

ライティングをするうえでSEOの知識は必要なので、早めに学んでおきましょう(#^.^#)

 

また、ライティングをするなら伝わりやすく読みやすい文章を書くためのスキルが必要です。伝わりやすくて読みやすい文章というのは基準が曖昧なため学ぶのが難しいですが、ちょっとした工夫で改善することもあります!

 

例えば、常体(で・ある)と敬体(です・ます)をしっかりと統一したり、同じ語尾を連続して使用しないようにしたりと工夫次第で文章が読みやすくなるケースも多いです(*^-^*)

 

分かりやすく読みやすい文章を勉強するなら専門書を読んだり、自分がきれいだと思う文章を何度も読んだりして研究してみてください♪

 

まとめ

 

ここまでで、webライターになるには勉強が必要かどうかについて解説してきました。webライターとして仕事を始めるなら、勉強に時間をかけるよりも実際にライティング経験を積む方が効率が良いです(*^-^*)

 

とはいっても、少しは勉強しておいた方が仕事を進めやすいのも事実。webライターは初めに専門書を1~2冊軽く勉強した後に仕事をスタートすると良いでしょう!

 

【webライティングは構成が命】まず構成から考えるべき理由!
webライターは記事などをライティングすることが仕事です。webライティングを行って質の高い記事を作成するには、構成をしっかり考えることが大事です。そこで今回は、webライティングするときに作成する構成がいかに大切かを紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

✓高知県出身Webライター
✓Webライター歴2年
✓ブログ歴1年10か月
✓文系4年制大学卒

〇実体験をもとにした大学生向け記事
〇フリーランス・Webライター向けノウハウ記事
〇プログラミング・テクノロジー系記事

を中心にブログ投稿をしています。
ライティング依頼・レビュー依頼のご相談はお問合せフォームまで。

SNSフォローボタン