スポンサーリンク

webライターに向いていない人の特徴を徹底解説!【悲報】

webライター,向いていない webライター

 

webライターには残念ながら向いていない人がいます”(-“”-)”

 

webライターは簡単に始められるので誰でも成功できると思われがちですが、実はwebライターに向いていない人がいます。

 

webライターが向いていない人は、活動してもなかなかうまくいかなかったり、継続して仕事を獲得できないといった状況に陥る可能性も…………

 

webライターに向いていない人の特徴を知ることで、自分の弱点を確認して改善することができます。

 

そこで今回は、webライターに向いていない人の特徴をご紹介していきます。

webライターに向いていない人の特徴!

webライター,向いてない

特徴① 納期が守れない

 

webライターに向いていない人の特徴として、納期が守れないというものがあります。納期を守れない人はwebライターとしてもそうですが、社会人として失格です!

 

クライアントは仕事を依頼した時点で、納品してくれる前提で作業を進めています。それが身勝手な都合で納品できません!

 

なんていわれたときには予定が狂いますし、信頼関係も崩れるでしょう。

 

納期が守れないwebライターは自己管理ができない人が多く、納期を絶対に守らなければいけないという責任感も薄い傾向にあります。

 

納期を守れずクライアントに迷惑をかけてしまう人はクライアントにクビにされても仕方がありません……

 

なんの連絡もなしに納品しない人も中にはいるようです( ;∀;)

 

このように、納期が守れないwebライターは継続した案件獲得が難しいということもあるので、webライターに向いていないといえます!

 

特徴② クライアントの指示を無視したライティング

 

webライターに向いていない人の特徴として、クライアントの指示を無視したライティングをするというものがあります。

 

webライターの仕事は記事などを執筆することですが、このときにクライアントから指示が出ることが多いです!

 

例えば、文字数・テーマなどの基本的な決定事項や構成の内容、どういった人を対象にして文章を書くのかなどを細かく規定されていることもあります。

 

こうした指示に対して、webライターは基本的に従ってライティングする必要があるのですが、指示を無視する人がいます…….

 

クライアントとしても意図があって指示を出しているので、それを無視されると困ります。

 

また、全く方向性が違う記事が納品された場合、訂正に時間がかかったり、やり直しの手間がかかることも….

 

そうなるとクライアントからの信頼は失われてしまうので、次以降の仕事の依頼はなくなってしまうでしょう。

 

このように、クライアントからの指示を無視する人はwebライターに向いていないといえます!

 

特徴③ 同じミスを何度もする

 

webライターに向いていない人の特徴として、同じミスを何度もするということが挙げられます。

 

webライターに限らず、人間誰しもミスはしてしまうものです。でも、何度も同じミスを繰り返すのはクライアントからの信頼を失う原因になります。

 

もちろん、数回のミスであればクライアント側もある程度許容してくれますし、親切に指導してくれる場合も多いです。

 

しかし、一度指導した内容のミスを何度も何度も繰り返しているとさすがにクライアントもクビにしたくなってしまいます!

 

クライアント側も暇ではないので、何回も何回も指導しなければいけないwebライターより、一度の指導で改善してくれる人の方を選びます(#^.^#)

 

やはり、webライターとして活躍するには失敗から学び成長する力がないと厳しいです!

 

そのため、何回も同じミスを繰り返す人はwebライターに向いていないといえます。

 

webライターとプログラミングの相性がいいと思う理由!
webライターの主な仕事はライティングですが、実はwebライターとプログラミングは相性が良いのです。webライターであってもプログラミングのスキルがあれば仕事の幅が広がります。そこで今回は、webライターとプログラミングの相性が良い理由を紹介します。

 

特徴④ まず最初に言い訳をする

 

webライターに向いていない人の特徴として、まず最初に言い訳をするというものがあります。

 

webライターをしていると、ミスをしてしまったりしてクライアントから指摘を受けることが多いです。

 

こうしたときに、最初に言い訳から入る人はwebライターに向いていません。

 

クライアントからの指摘はまずは受け止めて、どうしても意見の食い違いがある場合だけクライアントに伝えるべきです。

 

クライアントからの指摘を聞き入れず、一番最初に言い訳をするのはwebライターとして良くありません。

 

まずはクライアントからの意見を受け入れ、謝るべき時は謝りましょう!その後で、見解の違いや誤解がある場合にはクライアントに丁寧に説明すると良いでしょう。

 

特徴⑤ ライティングが苦手

 

webライターに向いていない人の特徴として、そもそもライティングが苦手だということがあります。

 

webライターの仕事は主にライティングですが、ライティングを楽しんでいる人もいれば仕事と割り切ったうえでやっている人もいるでしょう。

 

でも、最低限必要なこととして、ライティングが苦手ではないことが求められます。

 

ライティングをしていると苦痛で辞めたくなる人やすぐに嫌になってしまう人はwebライターは向いていないです。

 

webライター以外にも仕事はたくさんあるので、別の道を探すのが良いのではないでしょうか!

 

 webライターに向いている人になって活躍するには?

webライティング,向いていない

方法① 至らない点を見直し改善する

 

webライターに向いていない人が向いている人になるには、自分の至らない点を見直して改善することが必要です。

 

普段、webライターとして活動していると意外に自分の反省点に気が付かないことがあります。

 

そのため、改めてクライアントから指導されたポイントなどを確認して、自分がまだ直せていないところはどこなのか知ることが大切です。

 

また、改善点が分かったらすぐさま自分の行動を変えないといけません。クライアントからの評価が高まるように努力をしましょう!

 

webライターに向いている人の特徴を徹底解説!
世の中にはwebライターという仕事がありますが、webライターに向き不向きはあるのでしょうか?webライターの仕事をするうえで大切な要素があります。そこで今回は、webライターに向いている人の特徴をご紹介していきます。

 

方法② クライアント or 案件を見直すのもアリ

 

webライターに向いていないと分かった人の中には、諦めないといけないのかと悩んでいる人もいると思います。

 

しかし、辞める前にクライアントや案件を見直すのもアリです。

 

もちろん、最低限のマナーは守る必要がありますよ!

 

もし今あなたが、クライアントからもらった案件に集中して取り組めていないのであれば、もしかするとその案件はあなたに合っていないのかもしれません!

 

自分が興味のないテーマの記事をライティングしている場合や、ライティング内容と報酬が見合わない場合には、どうしてもライティングに集中できないケースがあります。

 

こういう場合には、すぐに自分はwebライターに向いていないと諦めるのでなく、別の案件を探してやってみてください。

 

それでも、自分にwebライターが合わないと感じたなら辞めるという選択肢もあります。

 

また、クライアントも同じで相性があるので、今のクライアントには毎回ミスを指摘されているのでダメだ!

 

と思っていても、別のクライアントになるとミスを指摘されなくなることもあります。

 

クライアントや案件によって評価の仕方や求めているスキルが異なるので、すぐにwebライターに向いていないと諦めるのではなく、何回か別のクライアント・案件で挑戦してみてください!

 

どうしても向いていないならきっぱり諦める!

webライティング,向いていない

 

ここまでで、webライターに向いていない人の特徴とwebライターに向いている人になる方法を紹介しました。

 

しかし、それでも自分はwebライターに向いていないと感じるならきっぱり辞めるという選択肢もあります。

 

どうしても人には向き不向きがあるため、webライターに向いていない人も存在します。

 

webライターは特に簡単に始められるので気軽に始める人も多いですが、継続させるにはそれなりの適正が必要です。

 

どうしても自分はwebライターに向いていないと思うのであれば、きっぱりと辞めて別の目標に向けてスタートすると良いでしょう!

 

ちなみに、webライターは一度引退しても復活することもできます。

 

とりあえず別のことに挑戦してみて、またライティングがしたくなったら初めて見るのもいいのではないでしょうか(#^.^#)

 

【まとめ】

 

ここまでで、webライターに向いていない人の特徴とwebライターが向いている人になる方法を紹介してきました!

 

webライターは始めやすい反面、向き不向きがあって一定数挫折していく人がいる世界です。

 

webライターとして自分に何が足りていないのか。今後継続してwebライターとして活躍していくには何が必要なのか考えたうえで、自分を磨いていく必要があります。

 

私も今後webライターとして生き残れるように努力をしていくので、皆さんも頑張っていきましょう(#^.^#)

 

【webライティングは構成が命】まず構成から考えるべき理由!
webライターは記事などをライティングすることが仕事です。webライティングを行って質の高い記事を作成するには、構成をしっかり考えることが大事です。そこで今回は、webライティングするときに作成する構成がいかに大切かを紹介していきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン