スポンサーリンク
スポンサーリンク

【webライティングは構成が命】まず構成から考えるべき理由!

webライター

 

良質な記事を作成するにはしっかり構成を考えることが大事です!

 

webライターの主な仕事は記事などのライティングを行うことですが、記事を書くためにはまずは構成を考える必要があります。良い文章を書くために文章の表現力や内容をこだわることがありますが、実はそのもとになる構成が重要なのです!

 

構成の良し悪しでその文章全体の質も決まってくるといっても過言ではありません。そこで今回は、webライティングをするときにいかに構成が大切かを紹介していきます(#^.^#)

webライティングは構成が命!

 

webライターの仕事は記事を書くことですが、webライティングの良し悪しを決めるといっても過言ではないのが構成です。構成はwebライティングの命ともいえるもので、構成がしっかりしていないと記事の内容も良いものにはなりません!

 

構成がしっかりしていれば、記事の最初から最後まで筋の通った文章を書くことができますし、構成を完成させたら後は文章を書くだけなのでwebライティングの時間を短縮することも可能です!

 

構成を考えるには時間がかかりますが、構成をしっかり作りこんでおけば後の作業が楽になるので記事を書く前にしっかり作りこむことをおすすめします(#^.^#)

 

記事の構成を作る手順!

① 記事のターゲット層を明確にする

 

構成を考える最初の段階として、記事のターゲット層を明確にすることが大事です。キーワードからどういった人を対象にした記事を作成するのか、どういった疑問を解決する記事にするのかという計画を立てる必要があります!

 

例えば「webライター 始め方」というキーワードで記事を書くとします。このキーワードで検索する人の目的として考えられるのは、「webライターを始めたいけどどうやったらいいのか」や「webライターの始めるときのポイント」などですよね(*^-^*)

 

その記事を読みに来る人はどういった悩みを持っているのかを考えることで、その記事のターゲット層をはっきりさせることができます!

 

ちなみに、ターゲット層を明確にしていないと内容の筋が通っていない記事が出来上がってしまうので注意が必要です。

 

② 見出しを作成する

 

ターゲット層が明確にできたら、次は見出しを作成する作業を行います。見出しを考えるときには、その記事で主張したいことや結論を反映するようにすることが大切です。

 

主張したい内容(結論)主張を正当化する根拠(理由)具体例結論(まとめ)

 

上記のように、結論・根拠・まとめといった要素を取り入れるようにして記事の構成を考えることで、分かりやすく読みやすい文章を書くことにつながります!

 

また、案件によっては見出しに関してクライアントから指示があることがあるので、クライアントからの指示に従って見出しを作成できるスキルも必要です(*^-^*)

 

③ 見出しごとのライティング内容を考える

 

見出しが完成したら、見出しごとのライティング内容を簡単にまとめます。見出しを作ってそのままwebライティングを始めてしまうと、見出しの内容と実際に文章に誤差が出る場合があるので、箇条書きで何を書くのかをまとめておく方が良いです!

 

webライターがSNSを運営するメリット・デメリットを紹介!
webライターはブログを運営した方が良いというのは聞いたことがあるかもしれませんが、実はSNSの運営もおすすめです。webライターがSNSを運営することで、メリットが大きい一方でデメリットもあります。そこで今回は、webライターがSNSを運営するメリット・デメリットを紹介します。

 

【webライティングの基礎】構成を考えるときのコツ!

① 自分が主張したいことを明確にしておく

 

webライティングの構成を考えるときには、自分が主張したいことを明確にしておくことが大切です。まずは自分が主張したい本題を決めてから構成を考え始めないと、記事全体の内容のつじつまが合わなくなることがあります。

 

自分がその記事で何を主張したいのかをしっかり明確にしたうえで、記事の構成を考えると良いでしょう(*^-^*)

 

② 主張する内容の根拠を明示する

 

webライティングの基礎となる記事の構成を考えるコツとして、主張する内容の根拠を明示することが挙げられます。先ほど自分がその記事で主張したいことを考えるべきだといいましたが、その主張に説得力を持たせるためにも主張する内容の根拠を明示することが大事です!

 

普段の会話などでもいくら自分の主張をバシッと主張したとしても、その理由が不明確だと説得力がないですよね?

 

webライティングでも同じで、主張している内容の理由(根拠)がないと記事を読んだ人が納得することができず、記事を読むのをやめてしまいます!

 

ちなみに、根拠としては事例を紹介したり、具体的な数字を利用したりすることが効果的です。特に具体的な数字を権威のある情報元(公式サイトや正式な情報機関)から引用することで、よりその記事の説得力が上がりますよ(#^.^#)

 

③ 記事の序盤で結論を述べる

 

webライティングの基礎となる構成を作成するときのコツとして、記事の序盤で結論を述べることが挙げられます。世の中にはたくさんの記事がありますが、その中には一番主張したい結論を最後の方にもってきている記事があります。

 

ただ、結論を後にもってきてしまうと、読者はわざわざ答えを探さないといけませんよね?読者は何らかの答えを求めて記事を読みに来るわけなので、早めに結論を提示して満足してもらうことが大事です(*^-^*)

 

特に最近では、web上の記事というのは空き時間に流し読みされるケースも多いので、すぐに答えが分かる文章というのは重要となってきます!

 

【まとめ】

 

webライティングの基礎となる構成は非常に重要で、構成をしっかり作りこんでいればその後の文章作成が楽になります。記事の構成を作るときには以下のような手順で行うと良いです。

 

  1. 記事のターゲット層を明確にする
  2. 見出しを作成する
  3. 見出しごとのライティング内容を考える

 

良い記事を作成するためには記事の内容やライティングスキルを高めることも大事ですが、構成を作りこむことも大切です。

 

私も記事の構成を作成するときには、キーワードで検索をかけてじっくり考えていますし、ライティングより構成の作成に時間がかかることもあります。みなさんも面倒かもしれませんが、構成をしっかり作りこんでみてください(*^^*)

 

ちなみに、記事の構成を作成するときには「沈黙のwebライティング」という本が参考になります。漫画形式でより良い記事を作成する方法を紹介している本で分かりやすく、記事の構成についても触れられています。

 

webライティング初心者の人でも読みやすい本なので、まだ読んだことがないという方はぜひ読んでみてください(*^^*)

 

 

webライターとして活躍するためには日々の努力とスキルアップが大切です。私も時々、本を読んでスキルをインプットするようにしているので、みなさんも試してみてください!

 

webライターとして活躍するために必要なこと【まとめ】
webライターとして活躍していくには、いろいろなことに注意しながら活動する必要があります。そこで今回は、webライターとして活躍する方法についてまとめました。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン