スポンサーリンク
スポンサーリンク

今後の普及次第で生活を変える!?「VR」の活用事例をご紹介

VR,活用 IT技術

 

最近話題の技術に「VR」がありますよね(#^^#)

 

こんにちは!webライターのtomo@Tomo_43ad)です(^^)/

 

最近話題の技術に「VR」があります!VRは、仮想現実と訳されており、まるで仮想空間に自分がいるかのような体験をすることができます(^^)/

 

そんなVRですが、今後さらなる活用が期待されています!そこで今回は、今後考えられるVRの活用事例をご紹介していきます(^^♪

今後に期待の技術!「VR」の活用例をご紹介

VR,活用

 

VRは現在は、ゲームなど娯楽分野での活用が目立ちますが、今後は他の分野の活用も進むと考えられています(^^♪

 

そこでここからは、VRの活用事例をご紹介していきます!

 

ちなみに、VRって何?似たものにARってあるけどどう違うの?って人は、まず以下の記事を読んでみてください!違いについて解説しています(^^♪

 

今後に期待のIT最新技術!VR・AR・MRの違いとは
近年ではIT技術はすごいスピードで進歩しています。その技術の中に、「VR」・「AR」・「MR」があります!ニュースなどでは聞きますが、いったいどんな技術なのでしょうか。そこで今回は、「VR」・「AR」・「MR」の違いをご紹介します。

 

VRの活用事例① 賃貸物件内見

 

VRの活用事例として、不動産分野では賃貸物件の内見があります!

 

賃貸物件を探すときに、現在は不動産会社に直接出向いて物件の目星をつけ、内見先に移動して内見しますよね!

 

しかし、VRを活用すると、内見先に出向かなくても部屋の間取りなどを確認することができます(^^)/

 

内見場所まで意外に遠い場合などは内見に時間がかかるので大変です!

 

VRでは、360度を映像でみることができるので、不動産会社にいながら内見を行うことができるようになります!

 

また、不動産会社に出向かなくても、自宅で内見できるようになるかもしれません(^^♪

 

自宅でVR映像を閲覧できる環境(VRメガネやスマートフォンなど)があれば、わざわざ内見のために、不動産会社に出向く必要もなくなります(#^^#)

 

このように、VRを活用することで、私たちの物件内見にかかる時間が削減できると期待されています!(^^)!

 

VRの活用事例② 医療分野での研修・育成

VR,活用

 

VRは医療分野でも活用が検討され始めています!医療分野は非常に専門性の高い分野です。特に医者は、手術などのスキルを経験を積むことで身につける必要があります(#^^#)

 

そういった中で、VRを活用して、手術のシュミレーションを研修で行うことで、実際の手術のようなリアルな環境を再現し、その中で技術を習得することができます!

 

やはり手術は命を預かっているわけなので、経験がある人しか経験できませんし、かといって若手の育成もしないといけないので難しいところです……

 

また、手術のスキルを言葉で伝えようとしても、うまく伝わらない場合もあります。しかし、VRを使用することでよりリアルな映像を体験することができ、効率よくスキルの向上ができるのではないかと期待されています(^^)/

 

VRによって効率よく研修が行われるようになって、より質の高い医療を提供してほしいと思います!

 

VRの活用事例③ 疑似旅行・観光体験

 

VRは、疑似旅行や疑似観光という形で活用されるかもしれません!旅行というと、現場まで足を運んで行うものですよね?

 

でも、VRを活用すると現場までいかなくてもその場にいて観光をしている体験ができます(^^)/

 

また、実際には不可能な、自分が鳥の目線の映像や人が立ち入ることのできない場所でドローン目線の映像を体験することも可能です(#^^#)

 

やっぱり現場で観光・旅行は楽しみたいという人も多いとは思いますが、VRを活用すれば、実際には遠すぎてなかなかいけない場所でも疑似観光できます。

 

また、危険な場所で人が立ち入ることができない場合でも、ドローン撮影をすることでその場所を観光することができると期待されています(^^)/

 

私はVRを使ってかなり遠くの離島なんかの観光もしてみたいです(^^)/

 

その他でも、実際に観光は現地に行ってもらうとして、広告をVRにするという手法も考えられています。

 

今までの観光の広告だと映像を流すだけだったり、文字と写真だけで魅力を伝えていましたが、VR広告では、観光地を360度見渡すことができるので、より魅力が伝わりやすいというメリットがあります(^^)/

 

実際にリアルな観光地の魅力が伝わると、実際に行きたくなりますよね!

 

また、より利用者も観光地のイメージをしやすいので、実際に観光に訪れる人の率の向上に役立つのではないかと考えられています(#^^#)

 

未経験からのプログラミング学習を支援【TECH::CAMP】
最近ではITがインフラとなりつつあり、プログラミングの需要が高まっています。プログラミングを学ぶにはプログラミングスクールに通う方法があります。そこで今回は、未経験者におすすめのスクール「TECH::CAMP」をご紹介します。

 

VRの活用事例④ インテリアのシュミレーション

VR,活用

 

VRはインテリア業界にも活用が検討されています!インテリアをお店で選んだときに、その場ではいいなと思って買って、いざ家に持ち帰ってみたらサイズが合わなかったり、色がなじまないなんてことありますよね(^^)/

 

そういったことをなくすために、VRが活用されようとしています!VRを活用することで、実際に部屋を再現して、インテリアの配置を自分で考えた後に購入するか判断することが可能になります(#^^#)

 

意外にサイズや色が自分の部屋に合わないことも多いです!

 

こうすることで、実際に持ち帰ったときに生じるギャップがなくなり、満足した買い物ができるようになると期待されています!

 

VRの活用事例⑤ 教育分野でのリアル体験

 

VRは、教育分野でも活用が検討されています!学校教育では、基本的には教科書を使用して学習するか、野外学習で実際にリアルな体験から学ぶ方法が取られています!

 

しかし、野外体験だけでは経験できる内容は限られてしまいます。そこでVRを活用することで、よりリアルな体験から子どもに学ぶ機会を与えることができると期待されています。

 

例えば、世界遺産や遺跡など、遠くて行くことのできない場所でも見学することができます!また、人や動物の体について学ぶときにも、臓器や骨の仕組みを理解しやすくなります(^^♪

 

実際に見ることのできないものを見ることができれば、興味をもつ子どもも増えると思います(^^♪

 

このように、教育でVRを活用することで、より多くのリアルな体験を子どもたちに経験してもらうことで、いろいろなことに興味を持ってもらうきっかけになるのではないかと期待されています!

 

注目の技術「VR」今後何に活用されるのか期待!

VR,活用

 

ここまでで、VRの活用事例について解説してきました!VRは、まだこれからの技術なので、そこまで社会に普及しているわけではありません。

 

しかし、今後さらにいろいろな分野で活用されるようになれば、私たちの生活を変える可能性がある技術といえます!今後、VRがどんな分野に活用されるのか見守っていきたいと思います(#^.^#)

 

今後の社会を支える!ITとICTの違いを分かりやすく解説
近年ではさまざまなものがIT化されています。そんな中で、ITという言葉は世の中に浸透していますが、似た言葉に「ICT」があります。ITとICTは同じような意味合いで使用されることが多いですが、どう違うのでしょうか。そこで今回は、ITとICTの違いについて解説していきます。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン