スポンサーリンク

ブラック企業が就活面接でよくする質問とは?

大学生向け

 

就活でブラック企業を避けるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

就活中にはどうしても早期内定を目指しがちですが、必ずしも早期内定が良いとは限りません。

 

内定を獲得したとしてもその企業がブラック企業で就職後に後悔したというケースも少なくありません。

 

最近では、労働時間や休日など働き方に対して敏感な就活生も増えているため、企業側も伝え方を工夫するなどしてブラック企業と悟られないようにしているところも。

 

ブラック企業に入らないためには、自分でブラック企業を見分ける技が必要です!

 

実はブラック企業というのは面接で特有の質問をしてくることがあり、その面接での質問からブラック企業を判断できるケースもあります。

 

そこで今回は、ブラック企業が就活の面接でよくする質問を紹介しつつ、ブラック企業の見分け方を紹介します(#^.^#)

そもそもブラック企業とはどんな特徴がある?

 

就活をする中でブラック企業を避けて優良企業に入りたい人は多いですが、そのためにはブラック企業とは何なのかという点を知っておく大切です。

 

ブラック企業には、以下のような特徴があります。

 

  • 残業や休日出勤が多い
  • 残業代を払ってくれない
  • 人手不足で一人の仕事量が多い
  • 離職率が高い
  • パワハラが横行していて古い体質が残っている
  • 上司の意見が絶対

 

最近では「働き方改革」などがいわれていますが、ブラック企業は労働環境が悪い点が特徴といえます。

 

特に残業時間や労働日数が多いところが特徴で、仕事量が多すぎて休めなかったり、有給休暇なども当然のように所得できない企業も少なくありません。

 

その他にもパワハラやセクハラ、上司のワンマン体制など働きにくい環境が整ってしまっている企業のことをブラック企業と呼ぶことが多いです!

 

ただ、こうしたブラック企業は就活中には分からないケースも多く、入社してから気づいて後悔することがあります。

 

就活の面接でブラック企業がよくする質問!

スポーツ経歴や根性があるか

 

就活の面接でブラック企業がしてくる質問として「スポーツ経歴や根性があるか?」というものがあります。

 

ブラック企業はとにかく残業や休日出勤、厳しい労働条件にも耐えられる人材が欲しいと考えています。

 

そのため、スポーツ経験の有無を聞くことで残業や休日出勤に耐えられる体力があるかどうかを確認しているんです!

 

また、長時間労働やストレスがかかる職場では、根性がないと仕事を続けられないので、根性があるかどうかも質問してくることが多いです。

 

もちろん、ホワイト企業でもスポーツ経歴や根性について聞かれることはありますが、体力の有無やつらいときにも耐えられるかという質問をしつこくされる場合にはブラック企業の可能性があるので要注意です!

 

内定を出したら必ず入社してくれるか

 

ブラック企業は就活の面接で「内定を出したら必ず入社してくれるか?」という点をしつこく聞いてくることがあります。

 

ブラック企業というのは職場環境や労働条件が悪いので、退職する人も多いです。

 

そのため、常に人手不足の状態であるケースが多く、1日でも早く人材を確保しようとしています。

 

そんな中で、就活でも面接まで進んだ就活生はなるべく内定を出したいと考えていますが、内定辞退されると再度採用するのに時間や労力がかかるので嫌がる傾向にあるようです。

 

内定を出そうと考えている学生に対しては、内定を出したら本当に入社してくれるのかしつこく質問してくることも少なくありません。

 

また、場合によっては現在内定や選考が進んでいるところをすべて辞退するように指示されるケースなどもあり、最近では問題となっています!

 

このように、学生の意思を尊重して内定辞退を仕方がないと考えるのではなく、必ず入社してほしいとプレッシャーをかけてくることが多いとブラック企業である可能性が高いです。

 

関東で就職したい人におすすめのエージェント【キャリアチケット】
就活生の中には将来は関東で働きたい人もいると思います。でも、就活に向けての準備や面接などに不安があるという人もいるでしょう。そこで今回は、そんな人におすすめの就活エージェント「キャリアチケット」を紹介します。

 

残業や休日出勤あるけど大丈夫?

 

就活の面接でブラック企業がよく聞く質問として「残業や休日出勤あるけど大丈夫?」というものがあります。

 

やはりブラック企業では残業や休日出勤が常態化しているところが多いので、残業や休日出勤でも耐えられる人材を求めています。

 

ブラック企業側としても残業や休日出勤ができない人やあまり気持ちが乗らない人を採用しても長続きしないと分かっているので、面接の段階で残業や休日出勤が大丈夫か聞くことが多いです!

 

ホワイト企業でも聞かれることがありますが、具体的にどれくらい残業や休日出勤があるか説明してくれることが多く、ブラック企業の場合には詳しく教えてくれないことが多いです。

 

残業や休日出勤についてよく聞かれた場合には、ブラック企業の可能性があります”(-“”-)”

 

ブラック企業の就活面接の特徴とは?

面接の回数が少ない

 

ブラック企業の特徴として、面接の回数が極端に少ないことが挙げられます。

 

就活の選考というと面接だけでも2回~3回以上は通常ありますが、ブラック企業の場合にはいきなり社長面接を行う場合も。面接の回数が少ないとブラック企業の可能性があります。

 

ブラック企業はとにかく早く人材を確保したいと考えているので、選考に進んだ段階でほぼ内定が決まっていることもあります。

 

そのため、最終確認程度の面接が1回程度行われるのですが、面接回数が少ないということで学生の性格や個性はなかなか分かりません。

 

ただ人材確保だけの目的で面接が行われていることが多いので、入社しても労働条件や仕事内容に不満を感じるケースも。

 

このように、理由なく面接回数が極端に少ない場合にはブラック企業を疑った方が良いでしょう!

 

雑談が多くて仕事に関する質問が少ない

 

ブラック企業の実施する面接では、雑談が多くて仕事に関する質問が少ないことがあります。

 

通常の面接では、志望動機や入社してからやりたいこと、キャリアプランなどを学生に対して質問することで学生のやる気や本気度を確認します。

 

ただ、ブラック企業の場合には学生のやる気や本気度よりも人員確保の方が優先されるので、あまり仕事に関する質問をしないケースがあるようです。

 

雑談に時間を費やすということは学生のことはあまり考えていない証拠でもあるので、質問が少ないときには疑った方が良いでしょう!

 

ただ、ホワイト企業でも最終面接まで進むとある程度内定が確定していて雑談が多いこともあります。

 

仕事に関する質問が少ない=ブラック企業というわけではありませんが、面接全体を通して質問が少ないのであれば怪しいといえるでしょう”(-“”-)”

 

面接官の態度が高圧的

 

ブラック企業の面接では、面接官の態度が高圧的であることが特徴として挙げられます。

 

通常の面接では学生に対して敬語で丁寧に接してくれるケースも多いですが、ブラック企業の場合には強い口調で質問をしてきたり、高圧的な態度を取ってきたりするケースも。

 

場合によっては面接の場で罵倒してきたり、精神的に学生を責め立てるような面接を行ったりする企業もあるようです。

 

こういう企業は、高圧的な態度を取ることで学生のストレス耐性や忍耐力を確認していることが多く、実際に入社した後にも労働環境が悪いケースがあります。

 

正直、これだけ世間でパワハラなどが問題になっている時代に面接で高圧的な態度を取る企業というのはブラック企業だと考えられても仕方がないといえます”(-“”-)”

 

【まとめ】

 

就活のときには早期内定を目指しがちですが、早期内定を獲得できたとしても内定先の企業がブラック企業だと入社後に後悔してしまうかもしれません。

 

ブラック企業を事前に見つけるのは難しいことではありますが、面接の中から判断できることもあります。

 

面接をするときには自分をPRをすることも大事ですが、その企業が本当に信頼できるところなのか改めて確認することが大切です!

 

ちなみに、就活をする中でブラック企業に入社したくないという人には就活エージェントの利用や大学のキャリアセンターの利用がおすすめです。

 

個人ではブラック企業かどうか判断できないケースもありますが、第三者に相談することでブラック企業に入らなくて済むことがあります。

 

以下の記事では、大学のキャリアセンターや就活エージェントについて解説しています。ぜひ、就活を成功させるために参考にしてみてください(*^^*)

 

大学生が就活エージェントを利用するメリットは大きい!
大学生は就活をする人がほとんどですが、書類選考や面接など普段経験することのないことをしなければいけないので、悩むことも多いのです。そんな大学生は就活エージェントの利用がおすすめ。そこで今回は、大学生が就職エージェントを利用するメリットを紹介します。

 

【就活を支援するキャリアセンター】大学生が活用すべき理由!
大学生が乗り越えなければいけないものに就活があります。多くの大学生は在学中に就活を行って、将来の進路を決めます。そんな就活を成功させるために活用すべきなのが大学にあるキャリアセンターです。そこで今回は、キャリアセンターを活用すべき理由を紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン