スポンサーリンク
スポンサーリンク

【卒論の準備】大学4年生までにやっておくべきこと

卒論,準備 大学生向け

 

卒論の準備してますか?(#^.^#)

 

大学4年生になると就活や卒論などやることが多くなり、スケジュールも埋まってきます!そのため、卒論についてはできるだけ早くから準備をした方がいいです。できるだけ早く準備を始めることで、後になって焦ることもなくなります。

 

そこで今回は、大学4年生にまだなっていない人に向けて、大学4年生になるまでにやっておくといい卒論の準備をご紹介します!ちなみに、私が文系大学生だったので、文系の卒論について解説していきます。

卒論の準備をする前に!卒論をしっかり完成させるポイント

卒論,準備

ポイント① 根拠のある文章を書く

 

卒論を完成させるポイントは、根拠のある文章を書くことです!卒論は感想文やレポートとは違います。しっかりとした根拠が存在していないといけません(#^^#)

 

厳密にはレポートでも根拠が必要ですし、コピペはしてはいけませんが、コピペをしていても許される場合も多々あったかもしれません!でも、卒論ではそうはいきませんよ( ゚Д゚)

 

卒論には、根拠となる資料やデータが含まれている必要があります。根拠のある資料やデータというと、例えば古文書や巻物の原本やアンケートを取り、集計した結果などが含まれます!(^^)!

 

感想文やレポートのように、誰かの意見をそのまま使用したり、自分の意見ばかりを並べたものは卒論として成り立ちません。

 

根拠がとても大事です!

 

最悪の場合、卒論を提出できたとしても卒業できないかもしれません!そのため、卒論を作成するときには、根拠が含まれているか注意して作成する必要があります(#^.^#)

 

ポイント② 指定の文字数をクリアする

 

卒論を完成させるポイントは、指定の文字数をクリアすることです。これは当たり前といえば当たり前なのですが、提出のギリギリになって焦る人が毎年います!(^^)!

 

初めのうちは指定の文字数くらいなら書けると思っている人も多いです。でも、実際に書き始めると、意外に書くことに困ったり、引用資料の分量が少なかったりしてだんだん焦り始めます( ;∀;)

 

卒論の準備を始めるのが早かった人は、書くことに困ってもまだ修正する時間はあります!時間さえあればなんとか仕上げることはできるでしょう。

 

でも、準備をしていない人は時間がないので提出に間に合わなくなる人も出てくるんです。

 

文字数不足で困ることが意外に多いです!

 

このように、卒論を作成するときには、指定の文字数を余裕を持って書き終えることができるくらい早めに準備する必要があります(#^.^#)

 

ポイント③ 自分の考えを盛り込む

 

卒論を完成させるポイントとして、自分の考えを盛り込むことが挙げられます!卒論は根拠を示さないといけませんが、すべて他人の意見を主張するわけにはいきません。

 

丸々他人の意見を引用するとそれは盗作になります!

 

他人の意見を参考にしつつ、資料をもとに自分の意見を述べなければいけません。これが意外に難しいんです!

 

自分の意見をただ述べればいいだけではなく、その意見の根拠が必要なのです!自分が主張したい意見を裏付ける根拠を示す必要があります。

 

根拠となる資料はなかなか見つかりません!覚悟しましょう(笑)

 

この作業には時間がかかるので、早め早めに取り掛かることが大切ですし、自分の意見に説得力を持たすためにも、根拠となる資料を収集するようにしましょう!

 

卒論の質を左右する!大学4年生までにやっておくべき準備

卒論,準備

やっておくべき準備① 専門分野の知識を蓄える

 

大学4年生までにやっておくべき卒論の準備として、「専門分野の知識を蓄える」ことが挙げられます!卒論を完成させるには、自分が専攻している分野の知識が必要です。

 

特に、卒論となるとかなり専門的なレベルの高い知識が必要です。そのため、大学4年生までの講義やゼミなどで専門知識を学んでおく必要があります(#^.^#)

 

大学によって違いますが、必須科目として専門分野の講義が指定されているケースもあります!

 

大学生の中には、講義中でも寝ていたりスマホを触って話を聞いていない人もいます!でも、そうして話を聞いていないと、専門的な知識も身につきません( ;∀;)

 

ちなみに、私の経験上、大学4年生までの講義をしっかり受けている人は、卒論でも困っていません(しっかり完成させているという意味です!)

 

残念ながらしっかり講義を受けていた人でも卒論は苦労します!

 

しかし、あまりまじめに受けていない人は、卒論の作成に困っている人が多かったように思います!

 

みなさんは、大学4年生までの講義をしっかり受けて、卒論に向けて知識を蓄えてください!

 

やっておくべき準備② 論文を読む

 

大学4年生までにやっておくべき準備として、「論文を読む」ことが挙げられます!大学4年生になると分かりますが、急に忙しくなります( ゚Д゚)

 

就活、卒論、ゼミ、サークル・部活動など大学4年生はすることがたくさんあります。そのため、比較的時間のある大学4年生までの間に論文を読んでおくことをおすすめします!

 

論文を読むことには、いくつかのメリットがあると思っています。1つ目は、論文の内容から専門知識が身につくことです。先ほども紹介しましたが卒論には専門知識が必要です(^^♪論文を読むことで、少しずつ知識が蓄積されます!

 

論文は卒論のテーマ決めにも使えます(#^^#)

 

2つ目は、論文の書き方が分かるということです。論文をいくつか読んでいると論文の書き方に決まりがあることに気づくと思います。

 

論文を作成するときには、どういう形で構成を考えればいいのかや説得力のある文章の書き方、資料の効果的な見せ方などを学ぶことができます!

 

このように、論文には「専門知識+卒論の参考になる論文の書き方」が含まれています!大学4年生になる前に、早めに論文を読むことをおすすめします(#^^#)

 

やっておくべき準備③ 卒論のテーマを探す

 

大学4年生までにやっておくべき準備として、「卒論のテーマを探す」ということが挙げられます!卒論のテーマは卒論を作成する上で1・2を争うくらい大事です!

 

卒論のテーマ選びを失敗してしまうと、卒論が書けない……なんて事態になりかねません。そのため、慎重に選ぶ必要はありますが、大学4年生は先ほども言ったように時間がありません( ;∀;)

 

そのため、じっくり卒論のテーマを考える時間もありませんし、時期的には卒論の資料を収集したり卒論を書き始める時期です。大学4年生の段階で卒論のテーマを考えていないというのは少し危ないです”(-“”-)”

 

基本的に卒論のテーマを決めるのは早ければ早いほどいいです!ちなみに、大学4回生の夏までにテーマを決めていない人は、赤信号くらいだと思います”(-“”-)”

 

卒論のテーマは卒論の方向性を決めます。どういうことについて書いて、どういう主張をしたいのかを考えてテーマを決める必要があります!

 

また、難しい卒論テーマを選ぶとやりがいはありますが、かなり大変な卒論作成になりますし、逆に簡単なテーマ(過去に研究がたくさんある)を選ぶと比較的楽に卒論が完成します(#^^#)

 

私としてはどうせ大学生で卒論を書くなら、難しいテーマにチャレンジしてほしいですが、自分のスキルにあったテーマを選ぶのも手だと思います(#^^#)

 

ぜひ、誰も研究したことのないテーマにチャレンジしてみてください!(^^)!

 

そのため、大学4年生までにはテーマを決定しておく必要があるでしょう。とはいっても、卒論のテーマの決め方が分からないという人もいますよね?

 

そんな人には以下の記事をおすすめします!

 

【卒論の準備をする人必見】卒業論文テーマの決め方を徹底解説!
文系の大学生にとってやらなければいけないこととして、卒論の提出があります。卒論はテーマを決めないといけませんが、悩むことも多いです。そこで今回は、卒論のテーマの決め方をご紹介します。

 

やっておくべき準備④ 卒論資料の収集

卒論,準備

 

大学4年生になるまでにやっておくべき準備に、「卒論資料の収集」が挙げられます。卒論資料というといろんな種類があります!

 

例えば、書籍・原文(古文書・巻物・統計データなど)・論文・雑誌記事などが卒論の資料に当たります(#^^#)

 

このような資料は、大学4年生になって卒論を本格的に作成し始めた後も収集しますが、できるだけ大学4回生までに収集を開始しておくべきです!

 

ちなみに私は、卒論に使用した資料の約7割を大学4年生までに収集しました!

 

その理由の1つ目は、大学4年生は忙しいからです。やっぱり時間的な理由は大きいです!多く資料を集めようと思えば、それだけ時間がかかります。

 

理由2つ目は、必要な資料とそうでない資料を分類することができるからです。どういうことかというと、卒論の資料を収集し始めるとだんだん必要な資料と必要でない資料が分かるようになっていきます(#^^#)

 

早めに資料を収集し始めると、必要な資料がだいたい分かるようになっているので、大学4年生になってからも効率よく資料を探すことができます。

 

また、一度探したことのある資料をもう一度探すのと、一から資料を探すのではかかる時間が違います!図書館の資料もどこに何があるか把握している方が資料は探しやすいです!

 

どの資料がどこにあるのか記録に残しておくと便利ですよ(#^^#)

 

このように、早めに卒論の資料を収集することで、本格的に卒論の作成に取り掛かったときに効率的に卒論が作成できるようになります(#^^#)

 

ちなみに、卒論の資料の収集方法については以下の記事を参考にしてみてください!

 

卒論を作成する人必見!おすすめの資料(論文)の探し方をご紹介
文系大学生が避けては通れないものに卒論があります。卒論で必要な資料の探し方が分からないという人もいると思います!そこで今回は、卒論の資料の探し方をご紹介します。

 

やっておくべき準備⑤ 卒論に使用できるレベルのレポート作成

 

大学4年生までにやっておくべき準備に、「卒論に使用できるレベルのレポート作成」が挙げられます!これだけ聞いてもよく分からないと思うので詳しく説明していきます(#^^#)

 

卒論って何もないところから作成していると思っていませんか?たしかに、一から作成する卒論もあります。でも、文系の卒論は過去のレポートの内容も使用できることも多いです!

 

専門的な授業で、レポートを作成しているなら、そのレポートは卒論に使えるかもしれません!そのまま使えなくても、少し修正すれば使えることも多いです。

 

ですが、これもレポートをしっかり描いている場合に限ります!レポートをコピペ同然で提出している人はおそらく卒論に使用することはできません( ;∀;)

 

私も卒論のかなりの部分をレポートを基にして作成しました!

 

このように、大学4年生までのレポートをしっかりした内容で書いていれば、卒論の一部として使用できるので、たかがレポートと適当にやるのではなくしっかり作成するようにしましょう(#^^#)

 

卒論の準備は時間がかかる!早めの対策が肝心

卒論,就活

 

ここまでで、大学4年生までにするべき卒論の準備についてご紹介しました!少し長くなりましたが、卒論の準備は早ければ早いほどいいです(#^^#)

 

大学4年生は、みなさんが思う以上に忙しいです!私も最初は大学4年生の忙しさを舐めていましたが、卒論の準備は早くしていたのでなんとか助かりました(‘ω’)

 

みなさんも、早めに卒論の準備を始めて卒論を提出できるように頑張ってください!

 

でも、卒論を提出したからと言って必ず卒業できるわけではないんです!以下の記事では卒論を提出しても卒業できないパターンについて説明しているので、しっかり確認して卒論に取り組むようにしてくださいね(#^^#)

 

卒論を提出しても大学を卒業できないことがあるってホント?
文系の大学生の皆さんは、卒論を提出しないと大学を卒業できない人もいると思います。しかし、卒論を提出しても卒業できない場合があります。そこで今回は、卒論を提出しても大学を卒業できない場合について解説します。

 

ちなみに毎年、「就活に集中しすぎて卒論がおろそかになる」or「卒論に集中しすぎて就職先が決まらない」なんて事態が起こっています( ゚Д゚)

 

2つ同時に行うのは難しいので、割り切って取り組むことをおすすめします(#^.^#)くれぐれも卒論に気を取られて卒論就活の板挟み状態にならないようにだけは注意してくださいね(#^^#)

 

就活生の悩み!卒論と就活の板挟みを防ぐには
大学生の一大イベントに就活があります!しかし、就活の時期というのは、場合によっては卒論の準備の時期とかぶってしまうんです。卒論と就活がかぶると非常に大変です....そこで今回は、就活と卒論の板挟みにあわないために重要なことをご紹介します!

 

みなさんの中にこんな考えの人はいませんか?

 

  • 卒論の準備を早めに進めたい!
  • 何事も早めに準備するのが一番!

 

こういった考えを持っている人の中には、就活の準備も早めにしたいと考えているのではないでしょうか?

 

卒論もそうですが、就活も早め早めの準備が重要になります!そんな大学生におすすめなのが、「digmee」です(^^♪

 

digmeeは、就活支援をしてくれるサービスで以下のような特徴があります!

 

  • LINEで手軽に選考会・イベントへ応募可能!

 

  • 企業の人事の人と直接会って面談することができる!

 

  • 優秀な学生には選考パスが付与される!

 

以上のような魅力があります。手軽に就活がしたい人や自分にあった企業に就職したい人におすすめのサービスです(^^♪

 

会員登録も無料なので、情報収集もかねて登録してみてはいかがでしょうか(#^^#)

 

【LINEで就活】「digmee」の無料登録はこちら!!

「digmee」の無料登録

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン