スポンサーリンク

プログラミングに挫折する理由とは?継続して学ぶコツを解説!

IT技術

 

プログラミング学習に挫折する人は意外に多いです!

 

最近ではIT業界の人手不足やAIやIoTなどの最新技術の発展で、プログラミングを学ぶ人が増えています。

 

また、プログラミング初心者向けの書籍やセミナーなども多く開催されており、学ぶ方法や機械も豊富です。

 

ただ、プログラミング学習を始める人が多いのと同時に、習得する前に挫折してしまう人もかなりの数います。

 

では、どうして挫折してしまう人が多いのでしょうか?

 

そこで今回は、プログラミング学習に途中で挫折する理由と継続して学習を続けるコツを紹介します。

 

この記事を読めば、以下の内容が分かります!

  • プログラミング学習に挫折する人が多い理由!
  • プログラミング学習を継続させるためのコツ!
  • おすすめのプログラミング学習方法!

 

ちなみに私は、プログラミングに挫折する人がいるのは当然だと思っています。

 

誰しも得意不得意があるように、誰でもプログラミングが習得できるわけではありません。

 

ただ、継続して勉強するにはコツもあるので、コツを知ったうえでプログラミングを学ぶと良いです(*^-^*)

 

※【TECH::CAMP】オンラインでも教室でもプログラミングが学べる

➡ 全国いつでも、どこでも受けられるオンライン説明会

 

プログラミングに挫折する人の理由とは?

プログラミングを学ぶ目的が具体的に決まっていない

 

プログラミングに挫折する人の理由として、プログラミングを学ぶ目的が具体的に決まっていないというものがあります。

 

プログラミングは初心者には難しいことも多く、勉強時間をしっかりと確保しないと習得できないスキルです。

 

ただ、長期間に当たってプログラミングを勉強しようと思うとそれなりの理由がないと一生懸命取り組むことができません。

 

プログラミングを学ぶ具体的な目的がないと継続して学習できずに挫折するという結果になってしまいます!

 

「プログラミングを学んでいつか独立したい!」、

「最近流行っているからスキルとしてプログラミングを学びたい!」

 

特に多いのが上記のように抽象的な理由からプログラミング学習を始めて継続できずに脱落するケースです。

 

やはり、プログラミングの習得には時間がかかるので、モチベーションを維持できる目標が必要。

 

プログラミングを学んでどういったシステムを開発したいのか、何がやりたいのか明確にしておくことが継続してプログラミングを学ぶことにつながります(#^.^#)

 

エラーが発生して解決できない

 

プログラミングに挫折する人の多くは、エラーが発生して解決できないことをきっかけに諦める人が多いです。

 

プログラミングの学習というのは、基本的には参考書や問題集を参考にしながら行うことが多いですが、その過程ではエラーはつきもの!

 

初めてプログラミングを書いたときには理解できていないところもあるので、もちろん間違えてしまいうまく動かないケースもあります。

 

それに仕事としてプログラマーをしている人でも、プログラミングを行うときにはエラーは発生してしまうので、初心者がエラーを起こすのは当たり前なんです!

 

ただ、初心者はエラーが発生したときにどこが間違えているか分からないので、エラーが出たままなかなか前に進まないことが多いです。

 

エラーが解けないとイライラしてしまいますし、なかなか学習は進みません。

 

そうなってしまうと、プログラミングを学ぶ意欲が低下して挫折につながってしまいます。

 

継続して学ぶモチベーションが保てない

 

プログラミングに挫折してしまうのは、継続してモチベーションが保てないことが理由であることも多いです。

 

プログラミング学習というのは1か月くらいの短い期間で完了するものではありません!

 

また、プログラミングを学んだことのない人にとっては、プログラミングの概念や言葉の意味を理解するだけでも時間がかかってしまうものです。

 

私も文系でプログラミングを学びましたが、概念を理解するのが難しかったことを覚えています!

 

このように、プログラミングを習得するためには長期間学び続ける必要がありますし、今まで学んだことのない言葉や概念を理解するための努力も必要です。

 

そのため、モチベーションが低いと継続して学ぶ続けるのは難しいので挫折の原因となります。

 

そもそも参考書の単語や概念が理解できない

 

プログラミングに挫折する理由として、参考書の単語や概念が理解できないということがあります。

 

プログラミングを学ぶときには参考書を使うことが多いですが、参考書には新しい単語や概念がたくさん含まれています。

 

また、参考書のよっては説明に難しい単語を使っていることもあり、プログラミングができるできないの問題以前に内容を理解するだけで一苦労ということも。

 

プログラミングというのはコンピュータに分かる言語にして指示して処理を行うということですが、その仕組みを理解するにも時間がかかります。

 

こういった新しい単語や概念を理解することが難しくて諦めてしまうケースも多いです!

 

実践の機会がなくスキルが身についた実感がない

 

プログラミングを学んでいる間はなかなか実践の機会がないため、スキルが身についた実感がないことが原因で挫折してしまうケースもあります。

 

プログラミングを独学で学ぶ場合には、基本的に参考書やサイトを利用して学ぶことになると思いますが、模擬問題などは解けても自分でシステムを開発するのは難しいです。

 

プログラミングを部分部分で学ぶことはできても、その知識やスキルを実際に使う機会というのはないでしょう!

 

こういったことからせっかくプログラミングを学んでもスキルが身についた実感がなく、やる気がなくなったり、不安になったりして挫折してしまう人も多いです。

 

「アメとムチ」という言葉がありますが、苦労してプログラミングを学んでも実感や達成感がないと辞めたくなってしまうものです!

 

スキルが身についた実感がないというのは、プログラミングに挫折する理由となりえます。

 

プログラミング学習を継続するコツを紹介!

プログラミングを習得する目標をしっかり立てる

 

プログラミング学習に挫折せずに継続するコツとしては、プログラミングを習得する目的をしっかり立てることが挙げられます。

 

プログラミングは習得に長時間かかりますし、うまくいかないことも多いです。

 

そういったときに目標がはっきりしていなかったら、長期間頑張るモチベーションを保つことは難しいでしょう。

 

挫折しないためにも、目標をしっかりと具体的に決めて学習を継続するモチベーションを保てるようにしてください!

 

自分が理解できるレベルの教材を使用する

 

プログラミングに挫折する理由として多いのが、自分のレベルに合わない教材を使ってしまったばかりに理解できずに挫折するケースがあります。

 

そのため、継続してプログラミングを学ぶためには、自分が理解できるレベルの教材を使用することが大切です。

 

世の中にはプログラミングを学ぶための教材が多く販売されていますが、その中には難易度の高いものから初心者向けのものまであります。

 

継続してプログラミングを学ぶには、自分が理解できるレベルの教材を選んで使用することが大事です(*^-^*)

 

悩みを相談できる相手を見つける

 

プログラミングを学んでいると、分からないところやエラーが解決できないケースもあります。

 

こういったときに1人で学んでいると、悩みを解決できずに挫折の原因になることも。

 

継続してプログラミングを学ぶためには、悩みを相談できる相手を見つけることが大切です。

 

悩みを相談する相手としてはプログラミング学習経験のある人が最適。

 

できればプログラミングスクールなどに通って専門家の講師に質問ができる環境を作っておくことと良いでしょう!

 

継続してプログラミングを学べるおすすめの学習方法!

挫折しないためには頼れる人を探すことが大切!

 

挫折することなくプログラミングを学ぶためには、頼れる人を探すことが大切です。1人でプログラミングを学んでいるとつまずいたときに挫折してしまいます。

 

つまずいたときに頼れる人がいれば、困ったときに質問して解決しながら学び続けることが可能です。

 

プログラミングスクールに通う

 

継続してプログラミングを学べるおすすめの学習方法として、プログラミングスクールに通うことが挙げられます。

 

先ほど頼れる人を見つけることの重要性について解説しましたが、プログラミングスクールに通うことで、講師に相談できる環境で学ぶことができるようになります!

 

また、プログラミングスクールを利用すると講師に相談できる以外にも、自分に合った学習方法をアドバイスしてもらえます。

 

スクールによっては、面談などを通して1人1人に合わせたカリキュラムを組んで学ぶことができるので、無理なく学習を進めることが可能です。

 

特にプログラミング学習を継続するためには、モチベーションを保つのが大切です。

 

プログラミングスクールを利用すれば、専門家の指導を受けながらしっかりとプログラミングを習得することができるのでおすすめです(*^^*)

 

【テックキャンプ】未経験でもしっかり学べるプログラミングスクール
最近ではITがインフラとなりつつあり、プログラミングの需要が高まっています。プログラミングを学ぶにはプログラミングスクールに通う方法があります。そこで今回は、未経験者におすすめのスクール「TECH::CAMP」をご紹介します。

 

企業に入社して経験を積む

 

継続してプログラミングを学ぶ方法として、企業に入社して経験を積むというものがあります。

 

プログラミングを個人で学ぶとなるとモチベーションが鍵になりますが、企業に入社してしまえば自然とプログラミングの経験をすることができます。

 

最近では未経験者を募集しているIT企業も多く、企業に入ってプログラミングの現場を経験することも可能です。

 

もちろん、実際に企業で働くとなると責任感も増しますし、やらなければいけない仕事も多いのでハードルは高め。

 

ただ、企業で働く中でプログラミングを学びシステム開発の現場を経験することができれば、単純にプログラミングを学ぶ以上の経験をすることができます(#^.^#)

 

【まとめ】

 

プログラミングに挫折する理由はさまざまですが、プログラミングは理解するのが難しかったり、モチベーションが保てなかったりして挫折することが多いです。

 

私も勉強した経験がありますが、参考書を使って学習してると分からないところが出てきて大変でした( ゚Д゚)

 

プログラミングを継続して学び続けるには、モチベーションの維持と疑問や悩みを解決する手段が必要です。

 

自分が理解できる教材を利用したり、必要に応じてプログラミングスクールを活用したりして自分なりに継続できる勉強の仕方を模索してみてください(*^^*)

文系エンジニアは無理?いやいや活躍できます!
最近ではIT化が加速している影響もあり、エンジニアの需要が高まっています。そんな中で、文系エンジニアになりたいという人も増えつつあるのです。では、文系エンジニアは活躍できるのでしょうか?今回は、文系エンジニアが活躍できるのかについて紹介します。
【テックキャンプオンライン説明会】自宅で説明会が受けられる!
初心者がプログラミングを学ぶのにおすすめなプログラミングスクール「テックキャンプ」。テックキャンプではどこからでも参加できるオンライン説明会を開催しています。この記事では、テックキャンプのオンライン説明会について解説します。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン