スポンサーリンク

プログラマーが仕事についていけないと感じる原因と対処法を解説!

IT技術

 

うまくいかない仕事を続けるのは大変ですよね!

 

プログラミングをしながらシステム開発を行う仕事である「プログラマー」。

 

プログラマーはやりがいのある仕事である一方で、仕事についていけないと悩んでいる人も一定数います!

 

特に最近では文系や未経験者でもプログラマーになることができるので、実際に働き始めてから挫折するケースも……

 

そこでこの記事では、プログラマーが仕事についていけない原因と対処法を解説していきます(#^.^#)

プログラマ―が仕事についていけない原因

プログラミングが理解できない

 

プログラマーが仕事についていけない大きな理由として「プログラミングが理解できない」というものがあります!

 

プログラミングをするには関数やオブジェクト指向など、プログラミング特有の考え方を理解する必要がありますが、中には理解するのが難しい人も( 一一)

 

また、独学で学んだのと実際に働くのでは必要な知識も変わってくるので、業務の中でプログラミングが理解できないと感じることも多いようです。

 

仕事内容が理解できない

 

プログラミングがある程度理解できている人でも、仕事内容が理解できずについていけなくなることは多いです。

 

プログラマーは基本的にシステム開発の現場でコーディング作業やテスト作業を行いますが、現場によって仕事内容は異なります。

 

例えば、役場のシステムと医療施設のシステム、アプリの開発では同じプログラミングでも工程や作業内容に違いがあるんです(*^-^*)

 

そのため、研修段階では理解できていたものが実際に仕事に入ると理解できなくなったり、現場が変更になったときに理解できなくなったりすることもあります!

 

同期と差がついている

 

プログラマーの中には、同期と差がついてしまって仕事についていけていないと感じる人も多いです。

 

プログラマーは複数人でプロジェクトを行うことが多いので、必然的に同期と一緒に仕事をする機会も増えます。

 

そのため、同期の実力が良い意味でも悪い意味でも目についてしまうんです!

 

特に文系や未経験からプログラマーになった人は、最初は理系の人や経験者との実力に差が出るので劣等感を感じてしまうケースも多々あります。

 

実力に比べて仕事量が多すぎる

 

プログラマーが仕事についていけない理由として、実力に比べて仕事が多すぎるというものがあります。

 

プログラマーとしてある程度仕事ができる人でも、あまりに仕事量が多いとついていけなくなることも!

 

仕事の量に関しては正直どうしようもないことではあるので、仕事量が多すぎて困っていることを上司に相談するか、なるべく効率的に仕事をするかするしかないですね(#^.^#)

 

【テックキャンプオンライン説明会】自宅で説明会が受けられる!
初心者がプログラミングを学ぶのにおすすめなプログラミングスクール「テックキャンプ」。テックキャンプではどこからでも参加できるオンライン説明会を開催しています。この記事では、テックキャンプのオンライン説明会について解説します。

 

プログラマーが仕事についていけないときの対処法

期限を決めて耐える

 

プログラマーが仕事についていけないと感じたときには、期限を決めて耐えることで乗り切れることもあります。

 

仕事についていけないと感じたときにすぐに退職してしまうのはもったいないですが、いつまでも耐え続けるのも精神的につらいですよね!

 

なので、一定の期間を決めてそれでもついていけないのであれば諦めましょう。どれくらい粘るかは人によって異なりますが、半年~3年程度が目安ですね♪

 

最初は仕事に就いていけなくても、しばらく働いていると何とか慣れてくることもあるので一定期間は頑張ってみるのがおすすめです(#^.^#)

 

区切りをつけて退職する

 

プログラマ―として仕事についていけないのであれば、区切りをつけて退職するという方法もあります。仕事についていけない状態が続くと、だんだん精神的に追い込まれていきます。

 

限界まで我慢してしまうと復活しにくくなるので、ある程度のところで区切りをつけて退職した方が良いです(*^-^*)

 

あまり勤務期間が短いと転職するときに良く思われないケースもあるので、できれば半年以上は継続して働くと良いでしょう!

 

他の部署に異動を申し出る

 

プログラマ―として仕事についていけない場合、他の部署への異動を申し出ることで解決する可能性もあります!

 

企業によってはプログラマーなどIT職以外にも、事務や営業などの部署がある場合があることも。上司の方に相談してみることで別の部署で再スタートできるかもしれません(#^.^#)

 

もちろん、企業によっては部署異動を認めていないところもあるので、その場合は諦めて退職を検討しましょう!

 

まとめ

 

ここまでで、プログラマーが仕事についていけない原因とその対処法を解説してきました。プログラマーはやりがいがある仕事ではありますが、向き不向きがあります。

 

仕事についていけないと感じながら継続して働くのはつらいので、ある程度粘ったら諦めることも大切です。

 

今現在、プログラマーとして仕事についていけないと悩んでいる人はこの記事を参考に今後について考えてみてください(#^.^#)

 

プログラマーに必要なスキルと鍛える方法を解説!
プログラマーとして活躍するためにはさまざまなスキルが必要です。プログラマーはただ単にプログラミングができればよいというわけでもないのです。そこで今回は、プログラマーに必要なスキルとそのスキルの鍛え方を紹介します。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン