スポンサーリンク
スポンサーリンク

客先常駐プログラマーという働き方について徹底解説!

IT技術

 

客先常駐で働くプログラマーもいます!

 

世の中のシステムを開発している職業にプログラマーがいます。プログラマーは自社内で業務を行う人もいますが、客先に出向いて仕事をする「客先常駐」という働き方も。

 

客先常駐は在籍している会社に所属した状態で、客先でシステム開発を行う働き方ですが、どういった特徴があるのでしょうか?そこで今回は、客先常駐プログラマーの働き方について紹介します。

 

この記事を読めば、客先常駐で働くプログラマーの特徴やメリット・デメリットを知ることができます!これからプログラマーを目指す人は特に参考にしてみてください(*^^*)

客先常駐プログラマーという働き方とは?

 

プログラマーの働き方として、自社で働く以外に客先常駐という働き方があります。客先常駐プログラマーは、自社に在籍したままでクライアント先に派遣されてその会社でシステム開発を行う働き方です!

 

普段の業務はクライアント先の会社で行う働き方で、自社に出社する機会は規則に従って月に数回だけ自社に報告書を提出するときぐらいです。自社社員数人がペアで派遣されるケースもありますが、クライアント先で働くので知り合いがいないケースもあります。

 

また、基本的に客先常駐プログラマーが派遣されるのはシステム開発のプロジェクト単位なので、プロジェクトが終了すると別のクライアント先に移動するか自社に帰るケースが多いです!

 

そのため、数か月という短期間の派遣の場合から年単位まで派遣される場合まであり、場合によっては転勤や引っ越しなどが多くなる働き方でもあります(#^.^#)

 

また、客先常駐は委託契約の一種ですが、その契約内容は以下の3つに分類されています。

 

業務請負
客先でないとシステム開発ができないときに用いられる。提供するのは成果物で、客先の正社員から直接作業の指示を出されることはない。残業代に関しても客先ではなく自社が支払うことになる。
特定派遣
客先の正社員の指示に従ってシステム開発を行う。特定派遣の場合には労働力を提供していることになるので残業代は客先が支払わなければいけない。
偽装請負
契約内容は請負であるが客先からの指示で仕事を行う方式。本来は請負であれば客先からの指示で働いてはいけないため違法であるが、特定派遣との見分けがつきにくいという実情もある。偽装請負の場合、契約上は請負なので客先は残業代を払う義務はないというデメリットがある。

 

上記のように客先常駐で働く場合には、3つの契約方法が考えられます。業務請負と特定派遣はIT業界で主流の働き方でかつ合法なので問題はありませんが、最後の偽装請負は違法です。

 

偽装請負は一見、契約上だけの問題に見えますが実は労働者に不利な働き方です。違法であることはもちろん、客先の会社でいくら残業をしても客先の会社は残業代を支払う必要がない点が一番の問題点です。

 

自分の身を守るためにも、客先常駐で働くときには自分がどういった内容で派遣されているのかを考えることが大切でしょう。

 

客先常駐で働くメリット!

① さまざまな仕事を経験できる

 

客先常駐プログラマーのメリットとして、さまざまな仕事を経験できる点が挙げられます。客先常駐で働くときには、数か月から数年単位でプロジェクトに参加することが多いです。そのため、さまざまなプロジェクトに参加できる機会が得られるということでもあります。

 

プログラマーの仕事としてはシステム開発ですが、システム開発といっても客先によって取り扱っているシステムの種類が異なります。金融系のシステムがあれば医療系のシステムや基幹系のシステム、行政システムなど種類は多いです。

 

こういったさまざまなシステム開発に参加することで、新しいプログラミング言語を習得したり、新しいツールに触れたりする機会が得られるので技術的にも知識面でも成長することが可能です(*^-^*)

 

② 残業が少なくて済むことがある

 

客先常駐プログラマーのメリットとして、残業が少なくて済むことがある点が挙げられます。客先常駐で働いている中でも残業をしなければいけないときはあるでしょう。

 

繁忙期やどうしてもシステムの改修が必要なときなどは残業をすることも。ただ、自社で働いているときに比べると残業が少ないケースが多いです。客先常駐プログラマーは契約上、残業した分の残業代は自社か客先がしっかり払わなければいけません!

 

どんどん残業してしまうとその分残業代がかかるので、人件費を削減するためにも残業時間を調整するケースも多いです。また、客先によっては簡単な業務を少数で行っているケースもあり、そもそも残業が発生しづらい職場もあります!

 

このような理由から、客先常駐プログラマーは基本的に残業が少ないというメリットがあります。

 

プログラマーに必要なスキルと鍛える方法を解説!
プログラマーとして活躍するためにはさまざまなスキルが必要です。プログラマーはただ単にプログラミングができればよいというわけでもないのです。そこで今回は、プログラマーに必要なスキルとそのスキルの鍛え方を紹介します。

 

③ さまざまな人と人脈を作れる

 

客先常駐プログラマーのメリットとして、さまざまな人と人脈を作れる点が挙げられます。客先で仕事をするということは客先の人とコミュニケーションを取る機会も当然増えます。そういった中で、仲を深めることで悩みを相談し合ったり、飲み会に行くような関係になることも。

 

また、プログラマーというとキャリアプランとして起業やフリーランスになるなどがありますが、そういったときに客先で築いたコネクションが仕事につながるケースもあります。

 

特にIT業界の客先常駐では、同じシステム開発をしている人同士が関わるので、話が合いやすいというメリットも。コミュニケーションが苦手な人には大変かもしれませんが、常駐期間の間に人間関係を深めておくと良いのではないでしょうか(#^.^#)

 

客先常駐で働くデメリット!

① 自社と常駐先の両方のルールがあり複雑

 

客先常駐で働くデメリットとして、自社と常駐先の両方にルールがあって複雑という点が挙げられます。客先のオフィスで働くときにはルールが定められ、それを守らなければいけません。

 

特にIT業界では、機密情報や個人情報などを扱う機会もあるため、セキュリティ対策は必須です。セキュリティ面を強化するためにもルールは必要です。客先で働いている人が情報を持ち出して流出した事件などもあるので、データ管理などのルールは厳しくきまっています。

 

ただ、客先常駐の場合には自社に在籍しながら客先で働いています。そのため、ルールが複雑で客先のルールと自社のルールが入り組んでしまいます。例えば、休日を取るときにも自社と客先に連絡しなければいけないのか客先だけでいいのかなど細かく決まっていることが多いです。

 

それもあってか客先常駐しているとルールが複雑で分かりにくいケースもあります。一般的には客先に派遣される前に細かいルールに関しての説明があると思いますが、ルール違反をしないように注意することが求められます(#^.^#)

 

② 一から人間関係を築く必要がある

 

客先常駐のデメリットとして、一から人間関係を築く必要がある点が挙げられます。自社で働くときには知っている関係の人と働くのでコミュニケーションも取りやすく、職場での働き方も理解できています。

 

ただ、客先常駐となると初めて働く職場なので、一から人間関係を築くことが求められるのです。コミュニケーションもうまくいくか分かりませんし、その会社ならではの働き方に慣れるまで時間もかかるでしょう。

 

このように、客先常駐となると人間関係を一から築かないといけないので、コミュニケーション力が必要です。知らない人と働かないといけないので客先常駐が苦手という人も一定数います!

 

③ 自社への帰属意識が薄くなる

 

客先常駐のデメリットとして、自社への帰属意識が薄くなるという点が挙げられます。客先常駐プログラマーの場合には、月に数回の報告書を提出しに自社に行く以外にはほとんどの時間を客先で時間を過ごします。

 

そうなるといつの間にか自分がどこの会社に所属しているか分からなくなるというのはよくあるケースです。形式上、自社の社員であったとしても関わるのがほとんど客先の社員であれば帰属意識が薄れてしまうのも仕方がないことかもしれません。

 

また、客先常駐の働き方では社員全員で1つの目標に向かって頑張るといった環境はなかなかなく、仕事へのモチベーションややる気を持続するのも簡単ではありません。

 

そのため、客先常駐プログラマーとして働くなら、定期的に自社の人とコミュニケーションを取るなどして日ごろから自社との関係性を保っておくことが大事です(*^-^*)

 

【まとめ】

 

客先常駐プログラマーという働き方にはメリットとデメリットがあります。客先で働くということで人間関係を築いたり、ルールを守りながら働いたりするのは大変です。

 

ただ、客先が変わることでさまざまなプロジェクトに参加でき、プログラマーとしてのスキルを高めたり、さまざまな経験をすることができたりする点は魅力でもあります!

 

皆さんもプログラマーとして働く会社を選ぶときには、客先常駐があるかどうかを確認して納得したうえで働くようにしてみてください(*^^*)

 

フリーランスエンジニア専門サービス【Midworks】フリーランスと正社員の良いとこどり!
プログラマーやシステムエンジニアとして企業で働いている人の中には、独立してフリーランスとして働きたいという人もいるでしょう。そんな人におすすめのサービスが「Midworks」です。そこで今回は、Midworksの特徴と評判を紹介していきます。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン