【IoTの将来】IoTは今後どのように活用されるのか?

IoT,将来 最新テクノロジー

 

みなさんはIoTって知っていますか?

 

みなさんは「IoT」という言葉を知っていますか?

 

IoTは、モノのインターネット化のことで、身の回りのあらゆるモノをインターネットにつなげることができる技術です。

 

では、このIoTは将来どのように活用されるのでしょうか。

 

そこで今回は、IoTが今後どのように活用されるのかについて解説していきます!

 

※【TECH::CAMP】オンラインでも教室でもプログラミングが学べる

➡ 全国いつでも、どこでも受けられるオンライン説明会

 

IoTは将来どのように活用されるのか?

IoT,将来

自動車分野のIoT化

 

IoTは将来、自動車分野で活用されることが予想されており、自動車分野についてはすでに実用化に向けて進んでいます。

 

自動車分野でのIoT化の例として一番有名なのは「自動運転車」ですね。

 

自動運転車では、渋滞情報や道路の標識・信号などをカメラやセンサーで認識したうえで、正確に判断する必要があります。

 

こうした情報を効率よく収集するのにIoT技術は便利です。

 

自動運転車をIoT化することで、渋滞の軽減や操作ミスによる事故を削減できるのではないかと期待されています。

 

インターネットに接続することでより自動車が便利なものになるということですね。

 

また、車がインターネットに接続されることでカーナビがなくても道案内ができるようになったり、音楽をすぐにかけることが可能になったりします。

 

このように、自動運転とIoTは切っても切れない関係にあるので、今後の自動運転車の動向にも注目です。

 

ちなみに、自動運転車については自動化にレベルがあるっていうのはご存知ですか?

 

以下の記事では自動運転の自動化レベルについて解説しているので、興味があったら読んでみてください。

 

自動運転にはレベルがある?自動運転車の自動化レベルを徹底解説
最近話題になっている技術に自動運転があります。自動運転車は実用化に向けて実証実験も行われており、自動運転には実用化の段階に合わせてレベルが設定されています。そこで今回は、自動運転のレベルについて解説します。

 

家電のIoT化

 

IoTは将来、普段の生活でよく使う家電に活用されることが予想されています!

 

現在でも家電のIoT化は進んでいますが今後はさらに多くの家電がIoT化されると言われているんです。

 

例えば、現在でもスマートフォンで全ての家電を操作できるものや、外出先からスイッチを入れることができる家電などが販売されています。

 

エアコンなども出先で操作できるようになれば、消し忘れなんてこともなくなりますね。

 

これに加えて将来的には、AIなども活用しながらより便利な家電が当たり前のように販売されるようになると予想されています!

 

ちなみに、私一押しのIoT家電はSwitchBot Hub Miniです。

 

 

SwitchBot Hub Miniは、家にある家電を複数登録しておくことで複数のリモコン機能をスマホ1つで管理できるようになる優れものです!

 

例えば、エアコンと照明を登録しておいたします。

 

自分が帰宅する寸前にエアコンのスイッチをオンにしておいて帰ったらクーラーが効いている状態になりますし、帰ったタイミングで照明をスマホ操作でつけることもできますね。

 

また、SwitchBot Hub Miniは1つ5,000円~6,000円で購入できるので、かなりリーズナブルです。

 

IoT家電デビューしてみたい!という人にはおすすめです!

 

人手不足を補う!農業分野のIoT化

 

IoTは将来、農業分野で活用されることが期待されています!

 

日本の農業は現在さまざまな問題を抱えています。

 

特に少子高齢化の進行に伴い、農業の担い手つまりは農家の高齢化が進み今後人手不足に陥ると危惧されているんです。

 

そんな中で、農業分野にIoTを活用することで農産物の生産効率や生産性を向上していく「スマート農業」へと転換しようとしています!

 

スマート農業では水やりや農薬散布、収穫などをロボットが実施。

土の栄養分やハウスの温度管理などをデータ化して管理したりといった効率や生産性の向上が期待されています!

 

今まで人手と労力をかけて環境を整えていたところを、自動で行うことができればかなり楽ですよね。

 

このスマート農業が可能となれば、少ない人数で多くの農産物を生産することが可能となります。

 

ちなみに、私は高知県出身ですが、高知県は農業が盛んで近年IoTを活用した農業がまさに開始されつつあるみたいです。

 

農家の人手不足は深刻なので水まきであったり、ハウス内の温度管理など人間でなくてもできるところをIT化していく流れは今後も続くと思います。

 

【AIと日本の農業】AIによって農業を効率化できる!
最近ではAI(人工知能)を活用する動きがさまざまな分野で広まっています。そんな中で、農業分野でもAIの活用が検討されています。そこで今回は、農業分野へAIを導入することによって、農業の効率化ができるという点を紹介していきます。

 

超高齢化社会を支える!医療分野のIoT化

 

IoTは将来、医療分野に活用することが検討されています。日本では少子高齢化が進むにつれて医療機関の需要が高まっています!

 

しかし、医療機関の数には限りがあるので、効率をよくして対処する必要があります。

 

そんな中で、IoTの活用例として、病院の患者にセンサーをつけて体温や心拍数などを管理するシステムなども身近になっています。

 

また、他にも遠隔治療への活用も検討されています。

 

例えば、在宅で療養している人の検診などを行うことがありますが、検診を遠隔で行うことができるようになります。

 

自宅で体温や脈拍などを電子機器を利用して計測し、その数値を病院で収集することで診察に活用することが可能です。

 

これは、寝たきりでなかなか病院まで行くことができない人や、災害時の診療に役立つとされています(#^^#)

 

その他、手術などでも活用が期待されています!

 

このように、医療分野でも将来的にはIoT化が進んでいくと予想できます!

 

【VRと医療】VRは医療分野でどのように活用されるのか?
最近ではVRはさまざまな分野で活用され始めていますが、医療分野でも活用が期待されています。手術など高度な技術を必要とする医療現場で一体どのようにVRを活用するのでしょうか?そこで今回は、医療分野でのVRの活用事例を紹介していきます。

 

より便利に!交通機関のIoT化

 

IoTは将来、交通機関に活用されることが予想されています。現在、バスなどでは遅延している場合に今どの地点まで来ているのか分からない場合も多いです!

 

そうなると、待ち時間も長くなりますよね。

 

そこでバスに電子機器を搭載することで、バスの位置情報を把握し、利用者がスマートフォンで到着時間やバスの現在地を確認できるサービスを開始しています(#^.^#)

 

現在は一部のバスでのみ導入されていますが、今後も導入が増えていくと考えられます。

 

また、自動運転技術と合わせてこれらのシステムを導入することで、待ち時間が激減することも期待されています!

 

IoTの将来!今後もIoTの需要は高まる

IoT,将来

 

ここまでで、IoTが将来的に活用されるものについて解説しました!IoTはさまざまなものに活用可能ですし、今後さらに私たちの生活に普及していくと思います。

 

5GやAIなどの最新技術と併用する自動運転車や家電など、最近ではさまざまな商品が開発されつつあり、少しづつ私たちの生活が便利に変わっているんです。

 

社会の変化を知るためにも、私もこれからはさらにIoTなどの技術についてアンテナを広げて情報収集したいと思います!

 

おすすめのプログラミングスクール3選【特徴や料金を解説!】
プログラミングを学ぶ方法として「プログラミングスクールに通う」方法がありますが、多くあるプログラミングスクールの中からどこを選べばいいか分からないという方もいるでしょう。この記事では、おすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

✓高知県出身Webライター
✓Webライター歴2年
✓ブログ歴1年10か月
✓文系4年制大学卒

〇実体験をもとにした大学生向け記事
〇フリーランス・Webライター向けノウハウ記事
〇プログラミング・テクノロジー系記事

を中心にブログ投稿をしています。
ライティング依頼・レビュー依頼のご相談はお問合せフォームまで。