スポンサーリンク
スポンサーリンク

IoTの将来!IoTは今後どのように活用されるのか?

IoT,将来 IT技術

 

みなさんはIoTって知っていますか?

 

こんにちは!webライターのtomo@Tomo_43ad)です(^^♪

 

みなさんは「IoT」という言葉を知っていますか?IoTは、モノのインターネット化と言われており、身の回りのあらゆるモノをインターネットにつなげることで遠隔で操作することができるようになると期待されています(#^^#)

 

では、このIoTは将来どのように活用されるのでしょうか。そこで今回は、IoTが今後どのように活用されるのかについて解説していきます!

IoTは将来どのように活用されるのか?

IoT,将来

 

ここからは、IoTがどのように活用されるのかを解説していきます。IoTは私たちの生活を大きく変えると言われていますが、どういった風に変わるのでしょうか!見ていきましょう(#^.^#)

 

自動運転技術にかかわる!自動車分野のIoT化

 

IoTは将来、自動車分野で活用されることが予想されています。自動車分野については予想というよりもすでに実用化に向けて進んでいます。自動車分野でのIoT化の例として一番有名なものに、自動運転車があります。

 

自動運転車を実用化するにはインターネットに接続して正確に自動車を制御しなければいけません。インターネットに接続することで、運転中のあらゆる状況に応じて運転が可能となります。

 

インターネットに接続することでより自動車が便利なものになるということだね(^^♪

 

また、車がインターネットに接続されることでカーナビがなくても道案内ができるようになったり、音楽をすぐにかけることが可能になります(^^♪運転があまり得意ではない私としては、早く自動運転になってほしいと思っています(笑)

 

このように、将来的には自動車分野でIoT化が進んでいくと予想されています!

 

ちなみに、自動運転車については自動化にレベルがあるっていうのはご存知ですか?以下の記事では自動運転の自動化レベルについて解説しているので、興味があったら読んでみてください(#^.^#)

 

自動運転にはレベルがある?自動運転車の自動化レベルを徹底解説
最近話題になっている技術に自動運転があります。自動運転車は実用化に向けて実証実験も行われており、自動運転には実用化の段階に合わせてレベルが設定されています。そこで今回は、自動運転のレベルについて解説します。

 

普段の生活を変える!家電のIoT化

 

IoTは将来、普段の生活でよく使う家電に活用されることが予想されています!現在でも家電のIoT化は進んでいますが今後はさらに多くの家電がIoT化されると言われているんです。

 

例えば、現在でもスマートフォンで全ての家電を操作できるものや、外出先からスイッチを入れることができる家電などが販売されています(#^^#)

 

エアコンなども出先で操作できるようになれば、消し忘れなんてこともなくなるかもしれません(*^^*)

 

これに加えて将来的には、AIなども活用しながらより便利な家電が当たり前のように販売されるようになると予想されています!

 

人手不足を補う!農業分野のIoT化

 

IoTは将来、農業分野で活用されることが期待されています!日本の農業は現在さまざまな問題を抱えています。

 

少子高齢化の進行に伴い、農業の担い手つまりは農家の高齢化が進み今後人手不足に陥ると危惧されています。

 

そんな中で、農業分野にIoTを活用することで農産物の生産効率や生産性を向上していく「スマート農業」へと転換しようとしています!

 

スマート農業では、水やりや農薬散布、収穫などをロボットが行ったり、土の栄養分やハウスの温度管理などをデータ化して管理するといった効率や生産性の向上が期待されています!

 

今まで人手と労力をかけて環境を整えていたところを、自動で行うことができればかなり楽ですよね(#^^#)

 

このスマート農業が可能となれば、少ない人数で多くの農産物を生産することが可能となります。また、品質の高い農産物を安定的に生産することができるという効果もあります!

 

このように、IoTを活用して農業を活性化する動きがあります。

 

【AIと日本の農業】AIによって農業を効率化できる!
最近ではAI(人工知能)を活用する動きがさまざまな分野で広まっています。そんな中で、農業分野でもAIの活用が検討されています。そこで今回は、農業分野へAIを導入することによって、農業の効率化ができるという点を紹介していきます。

 

超高齢化社会を支える!医療分野のIoT化

 

IoTは将来、医療分野に活用することが検討されています。日本では少子高齢化が進むにつれて医療機関の需要が高まっています!

 

しかし、医療機関の数には限りがあるので、効率をよくして対処する必要があります。IoTの活用例として、病院の患者にセンサーをつけて体温や心拍数などを管理するシステムなども身近になっています。

 

また、他にも遠隔治療への活用も検討されています。例えば、在宅で療養している人の検診などを行うことがありますが、検診を遠隔で行うことができるようになります。

 

自宅で体温や脈拍などを電子機器を利用して計測し、その数値を病院で収集することで診察に活用することが可能です。

 

これは、寝たきりでなかなか病院まで行くことができない人や、災害時の診療に役立つとされています(#^^#)

 

その他、手術などでも活用が期待されています!

 

このように、医療分野でも将来的にはIoT化が進んでいくと予想できます!

 

【VRと医療】VRは医療分野でどのように活用されるのか?
最近ではVRはさまざまな分野で活用され始めていますが、医療分野でも活用が期待されています。手術など高度な技術を必要とする医療現場で一体どのようにVRを活用するのでしょうか?そこで今回は、医療分野でのVRの活用事例を紹介していきます。

 

より便利に!交通機関のIoT化

 

IoTは将来、交通機関に活用されることが予想されています。現在、バスなどでは遅延している場合に今どの地点まで来ているのか分からない場合も多いです!

 

そうなると、待ち時間も長くなりますよね。そこでバスに電子機器を搭載することで、バスの位置情報を把握し、利用者がスマートフォンで到着時間やバスの現在地を確認できるサービスを開始しています。

 

現在は、一部のバスでのみ導入されていますが、今後も導入が増えていくと考えられます。また、自動運転技術と合わせてこれらのシステムを導入することで、待ち時間が激減することも期待されています!

 

IoTの将来!今後もIoTの需要は高まる

IoT,将来

 

ここまでで、IoTが将来的に活用されるものについて解説しました!IoTはさまざまなものに活用可能ですし、今後さらに私たちの生活に普及していくと思います。

 

一方で、IoTを実現するには、インターネットへの接続を安定的かつ速く行う必要があります。こうした課題を解決するために5Gが導入されようとしています!

 

以下の記事では、5Gについて詳しく解説しているのでぜひ、読んでみてください(#^.^#)

 

今後の社会を変える技術!最新技術の「5G」とは
最近話題の技術に「5G」があります。ニュースなどでも取り上げられている「5G」ですが、いったいどういう技術なのでしょうか?そこで今回は、「5G」技術とは何かを解説しつつ、その技術が与える影響を予想していきます!

 

ちなみに、IoTに興味がある人の中には自分もIoTの発展に貢献してみたい。システムを開発する仕事をしてみたいと考える人もいるのではないでしょうか?

 

実際、IoTを含めたシステム開発の需要は今後も高まっていくので、そういった技術を持つ人の需要は高まっています!

 

そんな中で、IoTのシステムを開発するにはプログラミングの知識と経験が必要になります。いきなりプログラミング未経験からIT企業に就職して働くのは難しいので、ますはプログラミングを学ぶ必要があります(#^^#)

 

プログラミングを効率的に学ぶならプログラミングスクールです!プログラミングは難しい部分もあるので、独学で勉強していくと挫折することも多いです(^^♪

 

しかし、プログラミングスクールを利用すると、分からない場所を聞くこともできますし、モチベーションを維持することもできます。

 

以下が私がおすすめするプログラミングスクールです!

未経験からのプログラミング学習を支援【TECH::CAMP】
最近ではITがインフラとなりつつあり、プログラミングの需要が高まっています。プログラミングを学ぶにはプログラミングスクールに通う方法があります。そこで今回は、未経験者におすすめのスクール「TECH::CAMP」をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン