スポンサーリンク
スポンサーリンク

【フリーランスと会社員】どちらも捨てがたいことが判明!

フリーランス,会社員 フリーランス

 

フリーランスにも会社員にもそれぞれの良さがあります!

 

よくある論争に「フリーランスと会社員どちらがいいか」というものがありますよね!フリーランスは自由に働けるイメージがあり、会社員は安定して給料をもらえるという点で論じられることが多いです。

 

でも、フリーランス・会社員ともに良いところがあれば悪いところもあります。ただ単にフリーランスか会社員か白黒つけるのではなく、両方の特徴をしっかりと理解することが大事でしょう。
 

そこで今回は、フリーランスと会社員のメリット・デメリットをご紹介しつつ、2つの働き方の特徴を解説していきます!

フリーランスという働き方のメリット・デメリット!

フリーランス,会社員

フリーランスという働き方のメリット!

自分の好きな仕事で生計を立てられる

 

フリーランスは、自分の好きな仕事で生計を立てることができる点がメリットです。会社員は会社に決められた業務を行うことが求められますが、フリーランスは自分のスキルや希望に合わせて業種・職種を決めることができます!

 

webライター・プログラマー・システムエンジニア・デザイナー・飲食店経営など自分のやりたいことを仕事にすることができる点は自由であるといえますね(#^.^#)

 

自由な場所で働ける(朝の通勤ラッシュに巻き込まれない)

 

フリーランスは、自分で仕事を開始する時間・終了する時間を決めることができます。基本的にフリーランスは時間の使い方が自由なので、朝早くから働く必要性がありません!

 

クライアントとの連絡は取らないといけないので、ある程度日中に仕事をする必要はありますが、朝の通勤ラッシュに悩まされることはないです。それに、働く場所も自宅でもカフェでも働ける環境であれば大丈夫です。

 

私も現在、在宅で仕事をしていてほとんど外に出ることなく仕事ができていますし、仕事の開始時間も融通を利かすことができているので、とても働きやすいです。

 

もちろん働く場所や時間が自由な反面、自己管理はしないといけませんが、自由に働ける点はフリーランスの魅力です!

 

 

スキルがあれば収入を増やすことが可能

 

フリーランスは、スキルがあれば収入を増やすことができます。フリーランスの世界は実力主義です。スキルが高ければ、仕事をたくさん依頼してもらえるので会社員時代より多く稼げます!

 

しかし、スキルが低い場合にはいくら頑張っても収入が増えにくいです。スキルを高めれば収入を増やすことができる点は会社員にはないメリットです。

 

フリーランスになるならクラウドソーシングサイトからスタート!
働き方が多様化している中で、フリーランスとして働きたいという人もいると思います。しかし、どうやってフリーランスとして働き始めたらいいのか知らない人も多いでしょう。そこで今回は、フリーランスになる方法としてクラウドソーシングサイトをご紹介します。

 

フリーランスという働き方のデメリット!

収入が不安定になりがち

 

フリーランスは収入が不安定になりがちです。会社員とは違い、フリーランスは毎月収入が決まっているわけではありません。仕事がなくなってしまえば収入が途絶えることになりますし、病気になってしまって仕事を休めばその間の収入はゼロです!

 

また、ボーナスや退職金もないので、将来のためにお金をどうするかは会社員より真剣に考えておかなければいけません。

 

自分で仕事を探す必要がある

 

フリーランスは、自分で仕事を探す必要があります。会社員の場合には、自分が仕事を探さなくても会社が割り振ってくれた仕事をするだけで収入が入ります。

 

しかし、フリーランスは仕事を自分で獲得しなければならず、どんな仕事を選択するのかも自分で判断する必要があります。仕事を探すことができなければ、収入はなくなってしまってしまうというデメリットも……..

 

フリーランスは仕事を獲得するための営業活動と受注した仕事の両方をしないといけないので大変です”(-“”-)”

 

事務・経理作業を自分でやらないといけない

 

フリーランスは、受注した仕事以外に事務・経理作業などを自分でしなければいけません。会社員の場合、事務や経理の作業を専門に行ってくれる部署もあるため、基本的に自分ですべてすることはないです!

 

しかし、フリーランスは事務・経理係はいないので自分で作業を行う必要があります。例えば、フリーランスは確定申告をしないといけませんが、経費の管理や帳簿なども自分でしないといけません。

 

私も実際、経費になるレシート(領収書)を集めたり、月ごとの収入をまとめる作業などをしています。意外に時間がかかってしまうので、めんどうな作業です….

 

このように、本来の仕事以外の作業に時間を取られてしまうことで、本来の仕事をする時間が減ってしまうという点はデメリットといえます!

 

会社員という働き方のメリット・デメリット!

フリーランス,会社員

会社員という働き方のメリット!

月収があるので収入が安定している

 

会社員は、月収が決まっているので収入が安定しているというメリットがあります。会社員は毎月決まった金額が給料という形で支払われます。そのため、収入が1年を通じて安定しています。

 

また、もし病気やケガなどで休んでしまったとしても、有給休暇などを利用することで給料をもらいながら休むことが可能です。また、ボーナスや退職金制度がある会社もあるため、収入面ではある程度最初から計算することができます。

 

私も会社員のときには給料をいただいていましたが、フリーランスになってからはいかに会社員の給料が安定しているのか身に染みてありがたみが分かりました!

 

役割が与えられて自分の業務に集中できる

 

会社員は、社員一人一人に役割が与えられているので自分の業務に集中することができます。フリーランスの場合、自分でしなければいけないことが多いため、本来の仕事に集中できないケースも。

 

しかし、会社員であれば最初から役割がはっきりしているので、自分のやるべき仕事に集中することが可能です。実際、私が会社員のときにも自分がやるべき仕事が割り振られていたので、集中して取り組むことができていました。

 

福利厚生が充実している

 

会社員は福利厚生が充実している点がメリットです。例えば、有給休暇や住宅手当、健康診断補助や交通費など仕事をするうえで発生する支出を支援してくれます。

 

こうした福利厚生は、フリーランスにはないのでフリーランスになるとありがたみを感じることになります。私も有給休暇の重要性に改めて気づかされました(*^-^*)

 

会社員という働き方のデメリット!

自由に仕事ができない

 

会社員のデメリットとして、自由に仕事ができないという点が挙げられます。会社員は会社に所属しているので、原則仕事内容に関しては決められた枠内で行う必要があります。

 

フリーランスのように自分が好きな仕事だけできるわけではなく、たとえ自分が嫌いな仕事であってもやらないといけません。自分がやりたい仕事ができるとは限らないという点はデメリットだといえます!

 

人間関係のストレスが多い

 

会社員の場合、フリーランスよりも多くの人と関わるためストレスが多いというデメリットがあります。上司にクライアント、後輩の指導などさまざまな場面でいろいろな人と関係を築かないといけません。

 

人間関係が重要な社会人ですが、多くの人と関われば関わるほどストレスもかかってきます。特に会社には自分に合わない性格・考え方の人もいるでしょう。

 

そんな中でも、人間関係を築くのは簡単なことではありません。ストレスがかかってしまう危険性は理解しておく必要があります!

 

偏ったスキルしか身につかない可能性も

 

会社員の場合には、偏ったスキルしか身につかないこともあります。会社では、さまざまな仕事を行っていますが、その中で自分ができる仕事は限られています。

 

そのため、気が付いたら偏ったスキルしか身についておらず、外部では活躍できない人材になってしまう危険性も….

 

今の世の中では一生同じ会社で働くのは難しいです。会社で働いている人は、社内で活躍できるスキルだけではなく、外部に出たときに活躍できるスキルを身につけることが大切になってきます。

 

ただ、どうしても同じ会社でずっと働いていていると、偏ったスキルだけ身につけてしまいがちです。特に同じ部署で長年働いている人は注意が必要で、自分から新しい環境を求めることも必要でしょう(*^-^*)

 

【フリーランスと会社員】結局どちらがいい?

フリーランス,会社員

 

ここまでで、フリーランスと会社員のメリット・デメリットをご紹介してきましたが、結局どちらがいいのでしょうか?

 

結論として、私はこれはどちらが良いとか悪いとかではないと思います!もちろん、フリーランスのwebライターとして働いているものとしては、フリーランスの良さを押したい気持ちもありますが、会社員を否定する気持ちはありません(*^-^*)

 

なぜなら、フリーランスも実は会社員がいないと成り立たないからです。フリーランスが相手にするクライアントのほとんどは会社の方だと思います!

 

ということは、フリーランスとじかに連絡を取っているのは会社員ということです。会社員の方が会社が定めたある一程の決まりに基づいて、フリーランスと接してくれることでフリーランスは仕事をスムーズに進めることができています。

 

また、逆に会社員もフリーランスに支えられている面があります。フリーランスの中には、とてもスキルの高い方がいるので、そういった方は会社にとってもなくてはならない戦力です!

 

社内の仕事を一緒に行うパートナーとして、フリーランスは位置しているはずです。このように、フリーランスと会社員を比較して優劣を決めるのではなく、両方ともが支えあいながら仕事をしていることを認識しておく必要があると思います!

 

【まとめ】フリーランスと会社員はどちらも捨てがたい

 

ここまでで、フリーランスと会社員のメリットとデメリットを解説しつつ、結局フリーランスと会社員は支えあいながら仕事をしているということを紹介しました!

 

フリーランスと会社員の両方をすると分かるのですが、どちらか1つがいなくなってしまったら仕事ができないというケースも多いです。

 

フリーランスであっても会社員であっても重要な人材なので、それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、自分の希望する働き方ができる方を選択すると良いでしょう(*^-^*)

 

フリーランスにコミュニケーション力は不要?いいえ必要です!
フリーランスは人とコミュニケーションをとる必要がなく、専門技術や知識さえあれば活躍できると考える方もいます。しかし、コミュニケーション力はフリーランスには必要です。ここでは、フリーランスにコミュニケーション力が必要な理由をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!