エンジニア引き抜きの実態とは?引き抜かれる人の特徴を紹介!

ITエンジニアの働き方

 

優秀なエンジニアは企業から引き抜かれることがあります!

 

社会的にIT需要が高まっている中で、エンジニアの需要も高まっています。ただ、人手不足もあって多くのIT企業で優秀なエンジニアが不足しているのも事実( 一一)

 

そんな中で、IT業界ではしばしば優秀なエンジニアを自社にスカウトする引き抜きが行われています!

 

実際に昔働いていたIT企業でも引き抜きで退職した人がいました。

 

そこでこの記事では、IT業界で行われている優秀なエンジニアの引き抜きの現状を紹介しつつ、どういった人が引き抜かれるのかについて解説していきます!

エンジニア引き抜きの現状とは?

 

エンジニアというのは全国にたくさんいますが、その中でも優秀な人材というのは限られています。

 

もちろん、少ないというわけではありませんが、多くのIT企業で優秀な人材が求められているのでなるべく多くの人材を確保するためにも引き抜きが行われるんです!

 

特にエンジニアの場合、客先に常駐して仕事をするケースもあり、そのときに能力を買われて引き抜きが行われることも少なくありません。

 

一度一緒に働いていれば能力や性格も分かりますしね(^.^)

 

ただ、引き抜きというのは良いことだけではありません!場合によっては引き抜いた企業と引き抜かれた企業とでトラブルに発展するケースもあるので注意が必要です( ;∀;)

 

エンジニアの引き抜きが行われる理由!

人手不足で優秀なエンジニアは需要が高い

 

エンジニアの引き抜きが行われる理由として最も大きいのが、人手不足で優秀なエンジニアの需要が高いというものです!

 

エンジニアというのは技術や経験が蓄積されるのに時間がかかるので、優秀な人材というのは少ないです。そのため、できるだけ優秀な人材を自社にほしい企業が引き抜きを行います(#^.^#)

 

人柄や能力がある程度分かっているため採用しやすい

 

エンジニアの働き方として客先常駐がありますが、客先常駐で働いていると人柄や能力がある程度分かってきます。そのため、企業として引き抜きがしやすくなるんです(*^-^*)

 

引き抜きをするときに全く能力やスキルが分からないと不安になりますが、ある程度能力が分かっていて戦力になるのであれば引き抜きしやすいです(^.^)

 

また、客先常駐で社員とうまく関係性を築けていれば社内に馴染みやすいと判断することもできます!

 

すぐに活躍しやすい人材という意味でも能力や人柄を知っているというのは大きいんです♪

 

優秀なエンジニアで現状の待遇に不満がある人も多い

 

企業がエンジニアを引き抜きしたいと考えていると同時に、引き抜きが成り立っているのは優秀なエンジニアが現状の待遇に不満を持っていることが多いことも影響しています!

 

エンジニアといってもその能力やスキルは人によってさまざまです。

 

複数のプログラミング言語が扱えてさまざまな開発現場を経験している人もいれば、自分1人でできる仕事は少ない初心者までいます!

 

ただ、能力が高くて優秀なエンジニアが必ず待遇が良いというわけではなく、働いている企業によって待遇は大きく変わります。

 

特に給料という面では大手企業と中小企業、下請企業では同じくらい優秀な人材でも差があるんです。

 

これは他の業界でもいえることかもしれませんね♪

 

そのため、待遇面に不満を持っている優秀な人材も多く、より待遇の良い条件を提示された場合には引き抜きに応じることも少なくありません(#^.^#)

 

こうした理由から優秀な人材の引き抜きが成功しているという実情があります♪

 

引き抜きでは育成する手間が省ける

 

企業がエンジニアの引き抜きを行う理由として、引き抜きを行うことで社員を育成する手間が省けるというものがあります!

 

IT企業では自社で採用した人材を育成して優秀なエンジニア増やそうとしていますが、優秀な人材になるまでには時間が必要です。

 

経験を積ませる時間も必要ですし、企業内で働くことに慣れてもらう必要もあります。

 

特に最近では早期退職してしまう人も多くなっており、なかなか人材が定着しないという問題もあります。そのため、優秀なエンジニアを育成するのも大変なんです”(-“”-)”

 

一方で、引き抜かれた人材は優秀な人材なので改めて育成する時間が少なくて済みますし、能力やスキルも十分期待することができます(#^.^#)

 

企業にとっては引き抜きというのは手っ取り早く優秀な人材を入手する手段ともいえます♪

 

客先常駐プログラマーという働き方について徹底解説!
システム開発を担う職業にプログラマーがありますが、プログラマーといっても細かくいうとさまざまな働き方があります。働き方の中には、客先で働く「客先常駐」という形式が存在しているのです。そこで今回は、客先常駐プログラマーの働き方について解説します。

 

引き抜きされやすいエンジニアの特徴!

エンジニアとしての能力が高い

 

企業から引き抜きされやすいエンジニアの特徴って何なのでしょうか?

 

エンジニアはプログラミングやシステムの設計、運用・管理・保守などを行う仕事ですが、こうしたエンジニア業務を行う能力が高い人は引き抜きされやすいです(*^-^*)

 

能力が高いエンジニアというのは数が少なく、どこの企業も必要としています。もし、そんなエンジニアを発見したら引き抜きが行われることでしょう♪

 

逆にいうと、今働いている企業より好条件の企業に引き抜きされたいと思っている人は、エンジニアとして技術を習得したり、さまざまなシステム開発現場を経験したりして能力を高めてみてください!

 

人間性が優れている

 

エンジニアといえばプログラミングやシステム開発のスキルの高さに注目しがちですが、実は人間性が優れている人も引き抜き対象になりやすいです。

 

もちろん、人間性が優れていてもエンジニアとしての能力が低ければ引き抜きされることはないでしょう!ただ、いくら能力が高くても人間性に問題があると引き抜きされにくいです( 一一)

 

エンジニアは1人で働くわけではありません。

 

多くの場合には複数人のチームでプロジェクトを組んでシステム開発を行うため、コミュニケーションや人付き合いの機会もあります!

 

そのため、人間性が優れていないと新しい職場で馴染むことができず、活躍することが難しくなってしまうんです”(-“”-)”

 

なので、引き抜きされやすい人材というのはエンジニアとしての能力はもちろん、人間性も優れている方が多いです♪

 

エンジニアが引き抜きに応じるメリット!

給料が高くなる&福利厚生が良くなる

 

エンジニアが企業からの引き抜きに応じるメリットとして、給料が高くなったり福利厚生が良くなったりと待遇面の改善が挙げられます!

 

エンジニアの中には優秀な人材なのに待遇が悪い人たちがいることは紹介しましたが、そういった人材を対象に給料や福利厚生を条件に引き抜きを行うケースがあります(#^.^#)

 

具体的には給料アップを提示、ボーナスのアップ、通勤手当や住宅手当など手当面の充実などが挙げられます。

 

こうした条件に魅力を感じて引き抜きに応じるエンジニアも多いです♪

 

人間関係がリセットできる

 

エンジニアが引き抜きに応じるメリットとして、人間関係をリセットできるというものがあります!

 

エンジニアとして働いている人の中には、現在の職場の人間関係に不満を持っている人がいますが、引き抜きに応じることで不満を解消することができる場合もあります(#^.^#)

 

もちろん、引き抜きに応じて転職した場合でもその企業に馴染めるかどうかは分かりません!

 

ただ、企業が変われば職場環境や人間関係も変わるので、転職を機にリセットできると考えればメリットでしょう♪

 

エンジニアが引き抜きに応じるデメリット!

人間関係や職場環境が大きく変わる

 

エンジニアが引き抜きに応じる場合、良くも悪くも大きく環境が変わります。

 

人間関係や職場環境が大きく変わる場合には慣れるまでに時間がかかりますし、最悪の場合には環境に馴染めず退職の原因になるケースも”(-“”-)”

 

また、転職前に職場環境の説明や実際に企業見学を行っていたとしても、実際には環境が話と違うこともあります。引き抜きに応じるかどうか決めるときには慎重に検討した方が良いですね(^.^)

 

引き抜き先と現在の企業との関係が悪くなることも

 

引き抜きが行われるということは、今いる企業にとってみれば優秀な人材を失うということです。

 

そのため、引き抜きがバレた場合には、今いる企業から良く思われないことも十分考えられますし、非難や嫌がらせなどが行われる可能性もあります!

 

できれば自社を円満に退社できれば良いですが、トラブルに発展する可能性もあることは理解しておきましょう(#^.^#)

 

引き抜きの判断に迷ったら【転職サービス】

 

引き抜きでの転職をどうするか悩むケースも多いですが、そういう場合には転職サービスの利用がおすすめです!

 

転職サービスはいわば”転職のプロ”です!

 

エンジニアの引き抜きによる転職事情や転職先の見極め方などの知識が、長年転職サービスを提供している企業には多く蓄積されています(#^.^#)

 

なので、転職サービスを利用すれば引き抜きに応じるかどうか判断しやすくなりますし、転職サービスは無料で利用できるケースが多いので便利です♪

 

以下で紹介している「doda」と「マイナビジョブ20’s」はエンジニアが転職を考えるときにおすすめの転職サービスです!ぜひ、利用してみてください(#^.^#)

 

doda 公式サイト:dodaで相談

マイナビジョブ20’s 公式サイト:マイナビジョブ20’sで相談

 

まとめ

 

優秀なエンジニアになれば、より好条件の企業から引き抜きのお誘いが来ることがあります!

 

エンジニアの引き抜きというのはIT企業ではよくあることですが、メリットがあればデメリットもあるので、実際に引き抜きに応じるかどうかは慎重に検討するようにしてください(#^.^#)

 

【SEに転職する人が多い理由】転職を考えるタイミングとは?
SEという仕事に携わっている人というのはさまざまな理由から転職が多いといわれています。では、どういった理由から転職を決意するのでしょうか?そこで今回は、SEに転職が多い理由を解説しつつ、どういった場面で転職を決意するのかを解説します。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

✓高知県出身Webライター
✓Webライター歴2年
✓ブログ歴1年10か月
✓文系4年制大学卒

〇実体験をもとにした大学生向け記事
〇フリーランス・Webライター向けノウハウ記事
〇プログラミング・テクノロジー系記事

を中心にブログ投稿をしています。
ライティング依頼・レビュー依頼のご相談はお問合せフォームまで。