大学生のうちに英語を学んでおくメリットを徹底解説!

大学生スキルアップ術

 

大学生のうちに学んでおくと良いスキルに英語があります!

 

英語は義務教育でも学ぶものですが、大学に入学しても学ぶ機会はあります。ただ、大学受験で英語を勉強したのに比べると大学で英語を勉強する機会はあまり多くありません。

 

一方で、大学生は英語を勉強しておく方が後々メリットが多いです。

 

大学生は在学中に学んでおくべきことがいくつかありますが、その中に英語も含まれているといえます。そこで今回は、大学生のうちに英語を学んでおくメリットを紹介します。

 

英語(TOEIC)を学ぶのに便利なアプリ!
➡ 最短時間で、最高効率のTOEIC学習を【SANTA TOEIC】

 

大学生が英語を学ぶ機会は意外に少ない!

 

高校生までは授業で英語を学ぶ機会がありますし、受験勉強で英語をみっちり学んだ人も多いです。

 

ただ、大学に入学すると講義として英語を学ぶ機会はそこまで多くはなく、英語関係の学部・学科でない限り英語に触れる機会は減ると思います。

 

私の大学でも英語が必須科目としてありましたが、大学2回生までしかありませんでしたし、講義の回数もあまり多くありませんでした。

 

正直、高校生の頃の方が英語を学んでいたと思います。そのため、大学生になって英語を本格的に学ぼうと思ったら、自分で学ぶことが大切です。

 

独学で学ぶことはもちろん、英会話スクールや英語学習サイトなどを利用して英語を積極的に学ぶ必要があります(#^.^#)

 

大学生が英語を学んでおくメリット!

就活に役立つ

 

大学生のうちに英語を学んでおくと就活に役立ちます。

 

就活では、就活生の性格や大学時代に頑張ったことなどさまざまな部分で評価しますが、その中には英語のスキルも含まれるケースも。

 

特に外資系企業などでは、TOEICなどのスコアが求められることがあるようです。

 

就活で必ず英語の資格が必要というわけではありませんが、近年では多くの企業で英語が扱える人材を求めているため、英語を扱うことができればアピールすることはできるでしょう!

 

業務自体で英語を使わない企業でも、英語を学んだ過程や努力をした事実から評価が高くなるケースもあるので、大学生のうちに英語を学んでおくことは就活に役立つといえます(#^.^#)

 

将来のキャリアアップにつながる

 

大学生のうちに英語を学習しておくことで、将来のキャリアアップにつながるというメリットがあります。

 

大学を卒業すると多くの人が企業に就職して働くことになりますが、キャリアアップするためにはそれ相応のスキルが求められることになるでしょう。

 

そのスキルに英語も含まれることがあり、TOEICのスコアを求められたり、英語をビジネスで活用できるレベルで求められたりと昇進・昇格の条件になるケースがあるようです。

 

大学生の中でも特に英語を使う外資系企業などを目指している人は、大学生のうちに英語を学んでおくと良いでしょう。

 

英語圏の文化や情報を知りやすくなる

 

大学生のうちに英語を学んでおくことで、英語圏の文化や情報を知りやすくなるというメリットがあります。

 

グローバル化が進んでいる今、海外の情報を知ることは大切です。大学生のうちに英語を学んでおけば英語の文章を読むことができるので、情報収集の選択肢が多くなります。

 

また、英語圏の新聞なども読めるので、よりグローバルな視点から世の中を見ることができるようになるでしょう。

 

海外の文化に興味がある人や海外のニュースなどを知りたい人にとっては英語が読めるというのは便利ですし、メリットが大きいといえます。

 

ちなみに、英語の文章が読解できるようになると、卒論の資料として英語文献を使用することもできるようになるので、卒論に英語文献を使用したい人にも英語学習はおすすめです。

 

【大学生のwebライターはバイトより稼げる説】を提唱します!
大学生がお金を稼ぐ方法としては真っ先にアルバイトが思いつくと思います。でも、アルバイトは作業時間や内容のわりに賃金が安いこともあり、不満を感じている大学生も多いです。そこで今回は、お金が必要な大学生に向けてwebライターで稼ぐことをおすすめしていきます。

 

人生の選択肢が増える

 

大学生のうちに英語を学んでおくことで、人生の選択肢が増えるというメリットがあります。

 

英語を学んでいてビジネスレベルで使用できるのであれば、選択肢として海外で働くことも可能です。日本の企業の働き方が合わない場合でも、海外であれば活躍することができるかもしれません。

 

また、自分が住みたい場所が海外にあるのであれば、海外に移住して生活するといった方法もとれます。

 

実際に英語を学べば必ず海外で働いたり生活ができるわけではありませんが、選択肢は増えるはずです。選択肢を広げて視野を少し広げることができれば、人生を豊かにすることができるはずです。

 

大学生のうちに英語を学んで選択肢を増やしておくのも良いのではないでしょうか(#^.^#)

 

英語圏の人と交流できる

 

大学生のうちに英語を学んでおくことで、英語圏の人と交流できるというメリットがあります。大学生の中には海外の友人を作りたいという人や海外の人と交流したいという人も多いでしょう。

 

英語を学んでおけば、海外の人と交流することが可能となります!

 

特に大学には留学生もいますし、最近では海外の観光客なども多くいるので、意外に交流するチャンスは多いです。

 

英語を学んでいれば、こういった海外の人と交流するチャンスでしっかり話すことができるでしょう。

 

大学生は英語学習に最適な時期!

英語を勉強する時間が豊富にある

 

大学生というのは勉学が主な仕事ですが、それでも比較的自由な時間が多いです。大学生のうちは英語を勉強する時間が豊富にある時期でもあるため、英語を学ぶ時期としては最適だといえます。

 

特に大学生の時期というのは夏休みや春休みなど長期休暇があるため、まとめた学習時間を取ったり、実践として海外の人と交流するしたりすることができる点もメリットといえます。

 

海外旅行や留学のチャンスがある時期

 

大学生のうちなら時間が豊富にあるので、希望すれば海外旅行や留学のチャンスもあります。英語を話せるようになるには、実際に現地の人と話すことが効果的です。

 

また、実際に海外の人と話すことで海外のさまざまな文化を知ることができます。大学でも留学制度があるところも多いですし、個別に留学することも可能です。

 

また、留学や海外旅行にはお金がかかりますが、アルバイトをしてためたお金で短期留学や旅行を実現している人もいます。

 

大学生というのは時間がある時期です。海外旅行や留学などチャンスがある時期に経験しておくと良いのではないでしょうか(#^.^#)

 

【まとめ】

 

大学生になると英語を学ぶ機会が減ってしまいがちですが、時間は多くあるので自ら学ぶことはできます。

 

英語を学ぶ方法としては、参考書などを使って学ぶ以外にも英会話スクールに通ったり、英語学習サイトを利用したりして勉強することができます。

 

大学生のうちは英語を学びやすい時期であるといえます。将来の選択肢を増やすためにもぜひ、英語を学んでみてください。

 

ちなみに、以下の記事では効果的に英語学習ができるTOEIC学習アプリを紹介しています。ぜひ、利用してみてください(*^^*)

 

AIを活用したTOEIC学習アプリ【SANTA TOEIC】
グローバル化が進む中で、英語を学習する重要性が増しています。英語の習得を確認する試験として「TOEIC」がありますが、効率よく学習できるアプリに「SANTA TOEIC」があります。そこでここでは、「SANTA TOEIC」の特徴について紹介します。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

✓高知県出身Webライター
✓Webライター歴2年
✓ブログ歴1年10か月
✓文系4年制大学卒

〇実体験をもとにした大学生向け記事
〇フリーランス・Webライター向けノウハウ記事
〇プログラミング・テクノロジー系記事

を中心にブログ投稿をしています。
ライティング依頼・レビュー依頼のご相談はお問合せフォームまで。