スポンサーリンク
スポンサーリンク

文系大学生がIT業界への就職を目指すときに考えるべきこと!

大学生向け

 

文系大学生でもIT業界への就職を目指すことはできますが、その前に考えておくべきことがあります!

 

最近ではAIやIoTなどさまざまなIT技術が生まれており、IT業界自体も盛り上がりを見せています。そのため、就活を控えた文系大学生の中にもIT業界への就職を検討している人もいるでしょう!

 

文系大学生ではIT業界に就職することはできないと考えている人もいますが、そんなことはありません。文系大学生でもIT業界で活躍している人は多いです。ただ、IT業界に就職した文系大学生の中には挫折して辞めてしまう人がいるのも事実。

 

文系大学生がIT業界に就職して活躍するためには、事前にIT業界について知っておくことが大事です。そこで今回は、文系大学生がIT業界への就職を目指すときに考えておくべきことを紹介していきます。

 

※ちなみに今回は、IT業界の中でも文系大学生からシステムエンジニアやプログラマーを目指す人を対象として記事を書いていきます!

文系大学生がIT業界に就職する前に考えるべきこと!

プログラミングに拒否反応はないか

 

文系大学生がIT業界に就職する前には、プログラミングに対して拒否反応はないかどうか考えておく必要があります。文系大学生でもIT業界でシステムエンジニアやプログラマーを目指すことはできますが、プログラミングへの拒否反応がないことが条件です。

 

文系大学生の中には一度もプログラミングを経験しないままIT業界を志望する人もいます。しかし、プログラミングには向き不向きがあるので、拒否反応を起こしてしまう人は少なからずいるのです。

 

プログラミングを勉強すること自体に苦痛を感じる場合や、プログラミングの初歩の初歩から理解できないこともあるのでIT業界を目指す前にしっかりと自分がプログラミングに適応できそうか考えることが大事です(*^^*)

 

IT業界の働き方は自分に合うか

 

文系大学生がIT業界に就職する前には、IT業界の働き方が自分に合うかどうかをしっかり考える必要があります。IT業界の働き方には特徴があり、その働き方に合う人と合わない人がいるので注意が必要です。

 

例えば、IT業界は仕事の繁忙期と閑散期の差が激しく、忙しい時期は残業や休日出勤がある会社もあります。もちろん、残業や休日出勤が少ない会社もありますが、中小企業などでは人手不足の影響もあって勤務時間が多くなりがちです。

 

また、IT業界でシステムエンジニアやプログラマーをする中では、社内で働く場合と社外で働く場合とがあります。社内だけで仕事を行う会社もありますが、会社によっては社外の協力会社などに出向いて仕事をするケースも。

 

クライアント先で働くこともあります!

 

会社によっては社外で働かないといけないということを知っておくと同時に、こうしたIT業界ならではの働き方に自分が合うのかどうかしっかりと考えないといけません(*^^*)

 

IT業界に就職した後のキャリアプランがあるか

 

文系大学生がIT業界に就職する前には、就職した後のキャリアプランについては考えておかなければいけません。IT業界に就職したい文系大学生は多くいますが、憧れや流行りに乗って就職してしまう人も中にはいます。

 

最近では、AIやIoTなどIT技術に関する話題も多く、IT業界の需要の高まりからIT業界を目指す学生も増えています。しかし、就職する前に今一度就職した後のキャリアプランを具体的に考えておくことが大事です。

 

入社したとしてもそこからがスタートとなります。しっかりとしたキャリアプランや目標がなければ辛抱強くプログラミングの勉強や業務に取り組むことができないでしょう!

 

私も文系出身でIT業界に入りましたが、キャリアプランや目標がないとなかなかプログラミングの勉強を継続するのが難しかった思い出があります。これからIT業界を目指す文系大学生は、しっかりとキャリアプランを考えておきましょう(#^.^#)

 

文系大学生がIT業界を目指す前にすべきこと!

実際にプログラミングの勉強をやってみる

 

文系大学生がIT業界を目指す前には、実際にプログラミングの勉強をやってみることが大切です。文系大学生はプログラミング経験がない人も多いでしょう。そのため、一度プログラミングの勉強をしてみるのが効果的です。

 

プログラミングを実際に経験してみると思ったのと違うこともあるので、実際に経験するということが何より大切。就職してからプログラミングが苦痛だと気付いてもなかなか辞めることはできません。

 

実際に参考書や無料サイト、プログラミングスクールを利用するなどして一度プログラミングを経験しておくと良いでしょう!

 

ちなみに、プログラミングを経験するという点でいうとTECH::CAMPの無料体験会がおすすめです!プログラミングの効率的な学び方などを説明してもらいます。プログラミングスクールに関しても紹介してもらえるので、気に入れば利用するのも良いのではないでしょうか(#^.^#)

 

未経験からのプログラミング学習を支援【TECH::CAMP】
最近ではITがインフラとなりつつあり、プログラミングの需要が高まっています。プログラミングを学ぶにはプログラミングスクールに通う方法があります。そこで今回は、未経験者におすすめのスクール「TECH::CAMP」をご紹介します。

 

IT業界についてさまざまな手段で調べる

 

文系大学生がIT業界を目指す前には、IT業界についてさまざまな手段を使って調べることが大切です。IT業界を目指すのであれば、IT業界について知っておく必要があります。働き方や勤務形態、必要なスキル、考えられるキャリアなどさまざまな情報を知っておくことが大事です。

 

ネットや書籍などで情報を収集したり、インターンシップに参加して実際に働いてみたりと現場を知るということも効果的だといえます。私も実際にインターンシップに参加して、IT業界の雰囲気などを感じたうえで就職先を決めました!

 

現場を知っていないといざ就職したときに自分のイメージとのギャップが生まれてしまい、働くのが辛くなってしまうことがあります。これからIT業界を目指す文系大学生はぜひ、さまざまな手段を使って業界について調べてみてください(*^^*)

 

実際にIT業界で働いている人の話を聞く

 

文系大学生がIT業界を目指すとき前には、実際にIT業界で働いている人の話を聞くと良いです。先ほどIT業界について知る方法として実際に現場を経験するというものを紹介しました。しかし、大学生では実際に経験できる場面というのは限られています。

 

大学生が実際の業務を体験できる場としてはインターンシップがありますが、インターンシップで体験できることはあまり多くはありません。長期インターンであればプロジェクトに参加できるケースもありますが、体験できるのはプロジェクト内での業務だけでしょう。

 

また、未経験の文系大学生がIT業界の長期インターンに参加するのは難しいかもしれません。そんな中でIT業界の仕事を知るには、現場で働いている人の話を聞くと良いでしょう。

 

話を聞くだけであればインターンシップ中でもチャンスがありますし、最近では会社説明会で先輩社員との懇談会が催されているケースもあります。そうした場に積極的に足を運んで実際にIT業界で働いている人から仕事の内容ややりがいなどを聞いておくと就職後をイメージしやすいです。

 

【まとめ】

 

文系大学生でもIT業界に就職することはできますが、しっかりとIT業界について勉強して就職後のキャリアをイメージしておくことが大切です。

 

私も文系大学生(プログラミング未経験)からIT業界に入りましたが、実際に働き始めると少なからずイメージとのギャップというのは生まれます。それでも少しでもギャップを解消するためにも、IT業界を目指す人は前々から対策をするようにしましょう(#^.^#)

 

大学生向けのプログラミング勉強法をご紹介!【大学生必見】
AIやIoTなどIT分野が発展に伴ってプログラミングの人気が高まっています。そんな中で、大学生の中にもプログラミングを勉強してみたい方がいると思います。そこで今回は、大学生に向けてプログラミングの勉強法をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン