スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ブロックチェーンの仕組み】その特徴と使い道を解説!

ブロックチェーン,仕組み IT技術

 

社会を大きく変える可能性のある技術がブロックチェーン技術です!

 

皆さんは「ブロックチェーン」という言葉を聞いたことがありますか?最近では暗号資産(仮想通貨)に用いられている技術として有名ですよね!ただ、暗号資産=ブロックチェーンと思っている人が少なからずいますが、実はそれは違います。

 

確かに暗号資産にブロックチェーン技術が用いられているのは間違いありませんが、ブロックチェーンというのは暗号資産に留まらず、さまざまな分野で活用しやすい便利な技術なんです。そこで今回は、ブロックチェーンの仕組みを紹介しつつ、その特徴と使い道を解説していきます。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーン,仕組み

P2Pネットワーク

 

現在主流の技術
クライアントサーバー型:1か所のサーバーでデータを管理。
ブロックチェーンの仕組み
P2Pネットワーク技術:データは参加者で分散管理。

 

ブロックチェーンは「分散型台帳」といわれるもののことで、取引データを分散して管理する技術のことです。今までの技術(クライアントサーバー型)では取引データは1つの場所で管理されるのが一般的で、そのデータを使用するときにはその場所にアクセスする必要がありました!

 

ただ、それだとデータは1か所で管理されているので、サーバー自体にハッキングすればデータが改ざんされたり、サーバーを使用できなくなったりと不具合に弱いというデメリットが存在していました。

 

しかし、ブロックチェーンに採用されているP2Pネットワークという仕組みでは、取引データは参加者で分散して管理しているため、どこか1か所でハッキングされてもシステムの全体には影響を与えないのです!

 

簡単にいうと取引データをみんなで管理して監視しあっている仕組みといえます。誰か1人がデータを不正に改ざんしたとしても、他の人のデータと見比べれば改ざんしたことがバレる仕組みになっています。そのため、非常に改ざんが困難といわれている技術です(#^.^#)

 

パブリック型とプライベート型

 

ブロックチェーンには、パブリック型プライベート型があります。一般的に説明されるブロックチェーンの特徴はパブリック型のことを指しており、特定の管理者は存在せずに参加者で取引データを管理する形態です。また、取引データは世界中に公開されています。

 

パブリックチェーンは特定の管理者がいないのでセキュリティ性は高いのですが、取引が完了するまでに時間と膨大な計算が必要になってしまうのです。

 

一方で、プライベートチェーンは管理者がいるので管理がしやすく、仕様の変更なども行いやすいというメリットがあります。ただ、管理者がいるということはセキュリティ上の問題が発生する可能性も残ってしまうという点はデメリットです。

 

最近では、管理のしやすさからプライベートチェーンを導入する企業も増加しており、既存のシステムの効率化に活用されています!

 

未経験からのプログラミング学習を支援【TECH::CAMP】
最近ではITがインフラとなりつつあり、プログラミングの需要が高まっています。プログラミングを学ぶにはプログラミングスクールに通う方法があります。そこで今回は、未経験者におすすめのスクール「TECH::CAMP」をご紹介します。

 

ブロックチェーンのデータ構造

 

ブロックチェーンがブロックチェーンといわれているのは、データ構造が関係しています。ブロックチェーンで管理される取引データはブロックに詰められて管理されることになっており、そのブロックが鎖のようにつながっているからブロックチェーンというわけです。

 

ブロックに記録される情報には主に以下のようなものがあります。

  • トランザクションデータ
  • 前のブロックのハッシュ値
  • ナンス

 

トランザクションデータとは、いくつかの取引データの集合体のことです。このトランザクションデータをブロックチェーンに書き込むには、前のブロックのハッシュ値とナンスが必要になります。

 

ハッシュ値というのはデータを暗号化したもののことで、少しでもデータが変更されるとハッシュ値は変更するという特徴を持ちます。改ざんをしたとしてもハッシュ値が変わるのですぐに発見できるというメリットがあるんです!

 

また、ナンスとはブロックを生成するために必要な数字で、膨大な計算を行うマイニングによって発見されます。こうして、トランザクションデータ・前のブロックのハッシュ値・ナンスがそろえばブロックチェーンにブロックを書き込むことができます(#^.^#)

 

まとめ

P2Pネットワークデータを参加者全体で管理・監視する方式。

トランザクションデータ複数の取引データを集めたデータ。

ハッシュ値取引データを暗号化したもの。

ナンスブロックを生成するために必要な数値。

 

ブロックチェーンの特徴

ブロックチェーン,仕組み

特徴① データの改ざんが難しい

 

ブロックチェーン(パブリックチェーン)はデータを1つの場所で管理せず、参加者全員で分散して管理しているので、セキュリティ性が高いです。分散して管理することで、どこか1か所で改ざんが行われてもすぐに改ざん気づくことができます。

 

また、履歴も残る仕組みになっているため、ハッキングに対処しやすいというメリットがあるのです。

 

特徴② ネットワークがダウンすることがない

 

ブロックチェーンのネットワークはダウンすることがほとんどないという点が特徴です。1か所でデータを管理するとデータを管理しているサーバーのトラブルやメンテナンスのときに、一時的にネットワークがダウンすることがあります。

 

ただ、ブロックチェーンの場合は取引データは参加者で分散して管理しています。そのため、世界中のサーバーが全てダウンするようなことがない限りネットワークがダウンすることはないんです!

 

ブロックチェーン技術の使い道

ブロックチェーン,仕組み

使い道① 送金サービス

 

ブロックチェーンは送金サービスに活用が検討されつつあります。従来の国際送金では、送金に数日かかるケースもありました。ただ、ブロックチェーンを導入すると大幅に送金時間を短縮できるといわれています。

 

また、すべての取引履歴がしっかりと分かるので、ハッキングや改ざんなどのリスクも少ないです。こうしたセキュリティ面からも送金サービスへの導入が検討されています。

 

使い道② 選挙の投票システム

 

ブロックチェーンは選挙の投票にも活用されようとしています。現在の選挙の投票は基本的には投票所に出向いて用紙に記入する形式が一般的です。一部では電子化されつつある国もあるようですが、まだ普及していないのが現実。

 

その要因としてあるのがセキュリティの問題です。選挙は国を変える可能性もある大事なものなので、不正投票などのリスクは限りなく0に近づける必要があります。

 

そんな中で投票システムにブロックチェーンを採用することで、改ざんや不正投票を防止してセキュリティが高められると期待されているのです。

 

実際にアメリカではブロックチェーンを使った選挙投票システムの実証実験が行われていますし、日本でもブロックチェーンを用いた選挙実験が行われています。今後、実証実験を繰り返す過程で信用度が高まれば、選挙の投票システムにブロックチェーンが使用される日がくるかもしれません!

 

【まとめ】

 

ここまでで、ブロックチェーンの仕組みとその特徴を紹介しつつ、今後どういう使い道があるかについて解説してきました。ブロックチェーンの仕組みは今後社会のさまざまなシステムを大きく変える可能性があるといわれています。

 

なんといってもセキュリティ面が優れているので、導入を検討する企業や自治体も増加していくでしょう。今後もブロックチェーンが普及するのかどうか見守っていきたいと思います(#^.^#)

 

【プログラミング言語の種類】その用途と特徴をご紹介!
ITシステムを作成するときには、プログラミング言語を用いて行います。プログラミング言語にはたくさんの種類があり、それぞれ使う場面が異なります。そこで今回は、プログラミング言語の種類と特徴を紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン