スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ARの活用事例】娯楽だけではない拡張現実の活用法!

AR,活用例 IT技術

 

ARといえば「ポケモンGO」で有名になりました!

 

最近話題の技術「AR」って知っていますか?ARと聞くと分からない人もいると思いますが、「ポケモンGO」なら知っていますよね。日本でも流行りました。

 

この「ポケモンGO」にも使用されているのがARで、拡張現実と訳されています!拡張現実は、現実世界にCGなど仮想の映像を表示する技術のことです。

 

このARは今後さらに活用されると考えられています!そこで今回は、今後に期待の技術ARの活用事例をご紹介していきます!(^^)!

今後に期待の技術「AR」その活用事例をご紹介!

AR,活用

 

ここからは、ARの活用事例をご紹介していきます。ARは、現在はゲームなどで活用されていますが、今後はさらに幅広い分野で活用されることが予想されます!

 

ちなみに、ARについて詳しく知らない人やAR・VRについて違いをよく知らない人には、以下の記事がおすすめです!まず、ARについて理解してから読み進めてもらえると分かりやすいと思います。

 

【VR・AR・MRの違いとは?】それぞれの特徴と活用例
近年ではIT技術はすごいスピードで進歩しています。その技術の中に、「VR」・「AR」・「MR」があります!ニュースなどでは聞きますが、いったいどんな技術なのでしょうか。そこで今回は、「VR」・「AR」・「MR」の違いをご紹介します。

 

事例① 広告・宣伝

 

ARの活用例として、広告・宣伝への利用があります!現在の広告や宣伝は、テキスト媒体や動画媒体がほとんどです!そんな広告・宣伝にARを取り入れることで、より商品やサービスの魅力が伝わりやすくなると期待されています。

 

例えば、化粧品の広告では、ARによって実際に化粧をしたようにみせることで、購買意欲を高めることができるようになります!

 

リアルに見える方が商品を買いたくなりますね(^^♪

 

今までは、広告を見て興味を持ったら、テスターなどで試すしかありませんでしたが、この場合には、広告効果と商品を試す時間の削減の両方が期待できます。

 

こうした広告としてARを活用する取り組みは、世界各国のさまざまな企業が行っており、近い将来ARを活用したサービスを利用するときが来るといえるでしょう。

 

事例② ARを活用したカーナビ

AR,活用

 

ARの活用事例として、カーナビへの活用があります!現在のカーナビは、一般的に車の中央付近に設置されているため、ルートを確認するときに一度目線をそらす必要があります。

 

一人で運転していると、どうしてもルート確認で目線をそらしてしまいがちです!

 

しかし、ARを活用したカーナビだと、運転する目の前のガラスに、ルート表示や注意表示などが表示されるようになります(#^^#)

 

こうなることで、運転時に目を離す必要もなくなりますし、より簡単にルート確認を行うことができるようになります。今までのカーナビではカーナビを確認するには一度目線を移動させなければならず、運転中に確認する行為は危険を伴いました。

 

しかし、ARを活用したカーナビであれば目線を移動する必要はありません!このように、ARがカーナビに活用されることで、ルート確認を安全かつ簡単にできるようになると期待されています。

 

未経験からのプログラミング学習を支援【TECH::CAMP】
最近ではITがインフラとなりつつあり、プログラミングの需要が高まっています。プログラミングを学ぶにはプログラミングスクールに通う方法があります。そこで今回は、未経験者におすすめのスクール「TECH::CAMP」をご紹介します。

 

事例③ 観光地のガイド案内

 

ARの活用事例として、観光地のガイド案内があります!現在、観光地のガイド案内ではテキストでの観光情報やガイドの人に案内をしてもらうくらいしかガイド方法はありません!

 

でも、ARを観光地のガイドに活用すると、観光地の不足情報などが映像としてみることができるようになります。

 

具体的には、専用の端末やメガネ、アプリなど入れたスマートフォンを使用して、バーコードなどを読み取ると、観光情報の映像が表示される仕組みです!

 

これによって、遺跡などで今はない建築物や集落などを、CGで再現し、利用者にみてもらうことができます!

 

城跡なども、城を再現して公開することも可能になります!

 

このように、観光地でARを活用することで、より観光地の魅力が訪れた人に伝わりやすくなります(#^.^#)

 

事例④ 製品を作る現場でのマニュアル表示

 

ARは建設や製造業の現場でも活用されつつあります。工業製品などを作っている現場では、製品を作成する手順や機械の扱いなどを資料で確認しながら作業をしなければいけません。

 

現在、マニュアルや設計書などを確認するにはタブレットや紙媒体に目を通す必要がありますが、確認するたびに作業を中断しなければいけないというのは効率が非常に悪いです。

 

そんな中でARをヘルメットやメガネなどに導入することで、自分の目線上に設計図やマニュアルなどを表示することが可能となり、手を止めることなく作業を進めることができます。

 

いちいち資料を確認する手間が省けるので、作業効率のアップが見込めるとともに、作業ミスや事故の削減効果も期待されています(#^.^#)

 

ARの今後に期待!さらに活用が進む可能性大

 

ここまでで、ARの活用事例をご紹介してきました!AR技術はまだ活用が始まったばかりで、必ずしも効果的に活用されていないかもしれません。

 

でも、今後さらに活用が進んでいくにつれて、私たちの生活をよりよくしてくれる可能性もあります。今後、ARがどのように活用されていくのか、ニュースなどで確認していきたいと思いました(#^.^#)

 

【VRの活用事例】仮想現実の普及で社会はどう変わるのか!
最近話題の技術に「VR」があります。VRは今後さらに様々な分野で活用されると考えられています!そこで今回は、今後に期待の技術である「VR」の活用事例をご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomo

高知県在住のフリーライター。
webサイトを中心に記事作成を行っています!webライターのスキルを活かして、webライターに関する記事や大学生向けの卒論などの記事も投稿中。その他雑記ブログの更新もあります!
お仕事のご相談などはお問合せフォームからお願いします!

SNSフォローボタン